2017年7月24日 (月)

第32回 日本皮膚外科学会

先週末は、埼玉県大宮市で開かれた第32回日本皮膚外科学会に出席して来ました。 
Image4
 
北陸新幹線で金沢から2時間ちょっとで行けるんですね。埼玉と聞くと田舎かと思ったら、ものすごく都会だったのには驚きましたcoldsweats02
 
この学会は、皮膚外科に特化したマニアックな発表ばかりですsmile当院の土曜日診療の応援に来てもらっている八木先生の発表(私も共同演者)もありました。
001
 
いやー、毎週末が学会と講演で疲れましたwobbly
 
今週末の日本美容皮膚科学会での講演が終われば、2ヶ月間続いた出張ラッシュ第2弾が終了です。
 
もうひと頑張りですhappy02
 
 
日本美容皮膚科学会では、最も即効性のあるニキビ治療薬デュアックを中心としたざ瘡治療戦略について講演します。
 
デュアックの副作用を限りなくゼロにして、さらに治療効果を上げる方法を論じます。 乞うご期待wink
Screensnapz006  
(院長)
 
  

2017年7月21日 (金)

手足口病が急増中

暑くなってきましたねsun
Img_1639
 
本来ならもうダイビングを開始しているころなんですが、今年は講演依頼が多くてまだ海に行けてませんcrying
 
ところで、ここ数日は手足口病の患者さんが大勢来られました。
Img_1694
 
通常は手と足と口に水疱が出現するのですが、全身に広がる重症型があります。
4_2
 
手足口病には有効な治療法はありません。ただ、軽症の方が多く、数日で改善しますけどねwink
 
問題なのは、アトピー性皮膚炎が増悪することです。そんなときに、外用治療を中止すると一挙に悪化することがあります。
 
基本的に、手足口病になったからといって外用療法を止める必要はありません。
 
また、とびひの患者さんも急増してきています。
 
過去のブログを参照して下さい。
 
 
 
(院長)
  

2017年7月17日 (月)

東京出張

先週末は、新宿「明日から使えるにきび治療の患者指導」という題で講演をしてきました。
 
師長の講演も合わせて1時間以上と、かなり詳細に当院のにきび治療を解説しました。
Img_1638
 
マルホ株式会社主催の講演会で、今後医療関係者を対象に各地で行っていくようです。
 
今回の講演内容は録画され、マルホの社員教育に使用されるそうです。
   
翌日は、靖国神社みたままつりに行ってきました。東京出張で時間があればお参りするようにしていますが、みたままつりは初めてです。
Img_1622_1
 
境内では、色々な催しを行っていました。夜になるとかなり混み合うんでしょうねcoldsweats01
  
わたせせいぞう松本零士の灯篭が並んでいて、一人喜んでいましたhappy01
Img_1625_3
 
ここに来ると、昔の日本人に想いを馳せることができますconfident
 
(院長)
 
  

2017年7月 9日 (日)

週末は、講演と学会が・・

今週末は、土曜日に新宿でにきび治療の講演を行います。
Screensnapz005
  
時間がたっぷりあるので、学会講演では時間不足で説明できないところまでじっくり述べたいと思いますhappy02
 
ただ、今月末には日本美容皮膚科学会でのざ瘡治療の講演もあり、準備が大変ですsweat01
 
さらに来週末は、埼玉県で日本皮膚外科学会に出席してきます。アトピーやにきび治療に力を入れてはいますが、私の元々の専門は皮膚外科です。
Image4_2
 
クリニックでは、主に午前中(土曜日以外)に手術をしています。
 
外来診察をしながら3〜4件の皮膚良性腫瘍(脂肪腫や粉瘤腫など)の手術を同時に行っています。
 
外来診察中に5〜10分程度次の患者さんが呼ばれないときは、きっと手術をしているときですねwink
  
今学会のテーマである低侵襲でスピーディーな手術を心がけ日々研磨していますhappy01
 
 
(院長)
  

2017年7月 6日 (木)

ぶと(ぶよ、ぶゆ)による虫刺されが急増中!

昨日は、恒例の大阪赤十字病院hospitalへの出張です。大阪は雨が降っていましたが、台風typhoonの影響はあまりありませんでしたhappy01
Img_1602
 
手術を数件終えた後に、みんなで食事にでかけましたhappy02
 
ところで、山にキャンプに行ったり、海釣りに行ったりして虫にさされる方が急増しています。
 
特にぶと(ぶよ、ぶゆ)に刺される方が増えています。足首周辺を刺されてポンポンに腫れてくれば疑わしいですね。
Img_6907_3_1
 
安易に放置しておくと、慢性痒疹となって年余にわたって持続することがありますshock
 
詳しくは、過去のブログ参照:虫刺され
 
キャンプや海釣りなどでぶと(ぶよ、ぶゆ)に刺された場合は、オロナインなんかで誤魔化さずに医療機関にかかりましょうwink
 
(院長)
 

2017年7月 1日 (土)

日本皮膚悪性腫瘍学会で秋田へ

今年の日本皮膚悪性腫瘍学会は秋田でありました。遠いcrying
 
秋田空港入り口には、でっかいナマハゲのお面が飾ってありました。かなりシュールな光景ですねcoldsweats01
Img_1543
 
空港から40分程度バスbusに乗って学会会場(秋田キャッスルホテル)に到着です。
 
大阪赤十字病院hospital藤田先生の発表(私も共同演者)をこっそり盗み撮りしました。学会は原則撮影禁止なのでbleah
Img_1544
 
学会の最後は、皮膚悪性腫瘍指導専門医研修会に出席しました。2時間みっちりお勉強しましたsweat01
Img_1549_2
 
ところで、学会のプログラムはスターウオーズのような表紙でかなり刺激的ですhappy02「皮膚がん治療の革命前夜」とは意味深なテーマですねcoldsweats01
Img_1554_2
 
実は、免疫チェックポイント阻害薬(免疫療法)分子標的治療薬の出現により皮膚がん、特に悪性黒色腫(ホクロのがん)の治療は大きく変わりました。
 
ここ数年で、それまでの何十年を一挙に飛び越えた感じです。生存率が劇的に改善しています。
 
皮膚がん治療はまさに革命前夜なのですwink
 
(院長)
 
 

2017年6月28日 (水)

新しい超音波診断装置の導入

この前の皮膚科学会総会で、新型エコー(下写真右側)が企業展示されていましたhappy01
Img_1313
  
今使っているエコーより皮下1〜2cmの解像度や血管の描出が抜群でした。それにすごくコンパクト!
 
今日は、そのデモ機がきました。画面はタッチパネルで使い易いwink
 
Img_1536_2
 
当院では、皮膚病(皮下腫瘍、血管病変など)の診断にエコー検査を行っています。
 
1日10人くらいのエコー検査をすることもあります。皮下にできものができたなどで受診される方が多いですねhappy01
 
皮下病変に関しては、エコーなしでは正確な診断は不可能です。
 
この新しいエコーでさらに診断能力があがりそうですねhappy02
  
(院長)
 
 

2017年6月24日 (土)

7月の土曜日午前診の応援医師

来月の土曜日の応援医師を再掲します。
 
土曜日の午前診は、応援医師による2診体制で行っています。
 
7月の土曜日午前診の応援医師は以下の通りです。
 
7月 1日 日本皮膚悪性腫瘍学会出席のため休診です。
7月 8日 山下医師(女性医師)
7月15日 山下医師(女性医師)
7月22日 応援医師なし
7月29日 藤田 医師
 
7月22日は、医師1人ですのでかなりの混雑が予想されます。
 
 
現在、平日の午前と午後の混み具合の差がひどくなっています午後診が午前診の1.5倍程度になり非常に混み合っています。
 
可能な方は、午前中の受診をお勧めします。
 
Web受付された方は、時間内に必ず窓口受付をしてください。時間外に窓口に来られても受付できません。
 
(院長)
 
 

2017年6月23日 (金)

毛虫皮膚炎急増中!&7月の土曜日午前診の応援医師

毛虫皮膚炎が急増していますshock
 
ここ数日は、10人程度の受診がありました。
 
昨年は大したことがなかったので、今年は大流行の予感がします。
 
詳しくは、過去のブログ毛虫皮膚炎の過去のブログを参照してください。
 
ところで、来月の土曜日の応援医師が決まりました。
 
土曜日の午前診は、応援医師による2診体制で行っています。
 
7月の土曜日午前診の応援医師は以下の通りです。
 
7月 1日 日本皮膚悪性腫瘍学会出席のため休診です。
7月 8日 山下医師(女性医師)
7月15日 応援医師なし 山下医師(女性医師)
7月22日 山下医師(女性医師) 応援医師なし
7月29日 藤田 医師
 
7月22日は、医師1人ですのでかなりの混雑が予想されます。
 
*応援医師の間違いがあり、以上のように訂正いたしました。
 
(院長)
 
*このように腕にぶつぶつが出て体幹に広がるのが典型的です。
Img_7269
 
Img_0228
 
 

2017年6月18日 (日)

乾癬治療の新薬『オテズラ』

最近、自分は乾癬(かんせん)ではないかと心配されて受診される患者さんが増えています。
 
福井出身のモデル、道端アンジェリカさんが告白したことでかなり認知されるようになってきたらしいのです。
 
私が医師になった頃と比べて、治療方法は格段に進歩しましたが、まだまだ患者満足度の高い治療は少ないですねcoldsweats01
 
生物学的製剤は効果抜群ですが、値段が高過ぎですcrying副作用の心配もありますしねweep
 
そこで最近新薬が発売されました。『オテズラ』といいます。変な名前ですねcoldsweats01

20170508

クリニックで普通に処方ができ、効果はかなり高く、重大な副作用はほとんどありません。 
 
既に11人に投与していますが、非常に良好な経過ですgood
 
値段が高くて生物学的製剤に踏み切れない重症患者さん、乾癬性関節症(関節がおかされる乾癬)の患者さん、現在投与されている内服や生物学的製剤の副作用の不安を訴えている患者さんなどに投与しました。
 
中には皮疹がほどんど消えてしまった重症患者さんもいますcoldsweats02生物学的製剤からの変更で悪化してくる方は今のところはありません。
 
米国では、副作用に敏感な患者さんが多く、生物学的製剤を差し置いて大変人気が高いらしいです(効果は生物学的製剤の方が高いのですが・・)。
 
なかなかすごい薬がでてきましたねhappy01
 
(院長)
 
7月1日(土)は日本皮膚悪性腫瘍学会出席のため休診です。
 

カテゴリ

カウンター

  • アクセスカウンター