カテゴリ「学会講演」の45件の記事 Feed

2018年1月28日 (日)

名古屋へ出張

本日は、名古屋でレーザー治療(+紫外線治療器)の講演をしてきました。
 
下写真は、師長が講演の準備をしているとことろです。実は、講演中の写真を撮り忘れてしまいましたcrying
Img_2409
 
とにかく、準備不足の講演でしたが、なんとか無事終了しました。
 
まぁ僕的には、Vビーム赤いニキビ跡(PIE:Postinflammatory erythema)への効果が最も伝えたかったことです。
 
一緒に講演された中野俊二先生もVビームの話をされており、非常に参考になりましたhappy02総会へのヒントを得た感じですhappy02
 
それと、ダブリン3シリーズについても講演の中で話しました。
 
これすっごくいいですheart04短時間照射で効果抜群です。7シリーズ(これもいい治療器なんですが)が霞んでしまいます。
 
しかしもう既に、これの後継機種NeoLux(ネオラックス)の医療承認申請中だそうです。
 
調べてみると、照射スペックは同じなんですが、全然別物じゃないですか。

3001

 
デザインは、22種類もある様ですcoldsweats02 内面はアクリル板に変わり、欠点であった冷却ファンの性能もアップしているにもかかわらずスリムになっています。
 
それに、とにかくカッコがいいheart04
 
キャンデラさん、こんなん出るんだったら早く言ってよね。
 
帰りに、今回の講演を主催したシネロン・キャンデラ社の名古屋支店を見学してきました。
Img_2416
 
中に入ってみると、White Alex(ホワイトアレックス)が飾ってあるではないですか(下写真)coldsweats02
 
当院の要望で無理に作ってもらった白色のアレックスですが、この色になってから売れ行き好調なようです。
Img_2412_1
 
やっぱり医療機器とは言えど、カッコがいいと売れるんですねsmile
 
(院長)
 
 
 
 

2018年1月21日 (日)

今年最初のにきび治療の講演

本日、ウェスティンホテル東京で開催されたエピデュオゲル発売1周年記念シンポジムで講演をしてきました。

出席者が400人coldsweats02もおられ、久しぶりに大規模な会場での講演でちょっと緊張しましたcoldsweats01
Img_2385

私の講演は、越前海岸の景色や水中映像が所々に挿入されています。聴衆が飽きないためのものなのですが、若干趣味も入っていますsmile
Img_2389
 
今回の講演は、短い時間に言いたいことを全て詰め込んだのでどれだけの方が理解できたか少し不安ですねcoldsweats01
 
もう少し時間に余裕あれば、もっとゆっくりと解説できたのですが・・。
 
今年最初の講演は、なんとか無事終了できましたhappy01
 
来週は名古屋でレーザー治療の講演があります。
 
まだスライドができていないので、これから急ピッチでつくらないといけませんcoldsweats01
 
間に合うかなぁ〜shock
 
(院長)
 
 
 

2017年11月16日 (木)

金沢でにきび治療の講演

昨日は、金沢市医師会主催の学術研修会でにきび治療の講演をしてきました。
 
題は、「新ガイドラインに基づいた急性炎症期の痤瘡治療戦略」です。
Img_2052 Img_2053
 
急性炎症期とは、要するに赤く腫れたにきびの時期です。発症から約3ヶ月ほどです。
 
この時期ににきびを放置すると、その8.2%は治らないにきび跡(ざ瘡瘢痕)になるという報告があります[1]shock
 
よってこの時期には、出来るだけ早くにきびを治してざ瘡瘢痕を残さないようにすることが大切です。
  
今年改訂された新ガイドラインに沿って、当院の急性炎症期のざ瘡治療戦略をお話ししましたhappy01 
 
これで今年は、あと1つの講演を残すのみとなりました。ラストスパートで頑張りますgood
 
 
(参考文献)
[1] Do TT et al:JAAD,58,603-608 (2008)
 
(院長)
 
 

2017年10月15日 (日)

御茶ノ水で光線療法の講演

今日は、御茶ノ水のソラシティ皮膚科光線療法推進の会が主宰する「光の応用セミナー」で講演をしてきましたhappy01
 
この会は、紫外線療法に特化した会員制のセミナーです。参加者は、日常診療で紫外線療法をよく行っている医師達です。
 
私の講演の題は、「難治性皮膚疾患を光線療法で治します。白斑への次の一手は」というものです。当院の尋常性白斑に対する紫外線療法を披露しました。
Img_1967
 
最初のスライドは、昨日のニキビ治療の講演と同じく越前海岸の写真からスタートです。
 
Img_1970
 
今回の講演では新たに、エキシマライトナローバンドUVBの同時照射の有効性などを述べました。
 
演者は全員、紫外線療法の専門家ばかりです。私も参加して大変勉強になりましたhappy02
 
個人的に興味深かったのは、1mmミニグラフトが保険請求できるということ、手指部白斑の植皮術の有用性、Afamelanotideの米国での臨床試験の話などです。
 
特に、Afamelanotideは以前に当ブログでも紹介したことがあり、早く日本でも使えるようになってほしい薬剤です。
 
 
現在、Afamelanotideの外用薬が開発中だそうです。大変楽しみhappy02
 
昨日は南大阪で今日は御茶ノ水と、目まぐるしい2日間でしたが、講演もうまくいって非常に楽しかったですhappy02
 
休みが全くありませんが、気合を入れて明日からの診療頑張りますgood
 
(院長)
 
 

2017年10月14日 (土)

南大阪でにきび治療の講演

本日は、外来終了後にサンダーバードbullettrainに飛び乗って大阪へ出張でしたhappy01
 
南大阪DERMA懇話会での特別講演のためです。
Photo_3
  
この会に出席するのは初めてなんですが、アトピー性皮膚炎治療で有名な片岡葉子先生や、皮膚外科で御高名な中川浩一先生が座長をされるというなかなか凄い会ですcoldsweats02
 
写真は、講演後に片岡先生から質問を受けているところです。
Img_1962
 
皆さん真剣に聴いて下さり、質問も活発にしていだきました。大変嬉しかったですhappy02
 
質問時間に、何も質問がないことほど寂しことはありませんからね。
 
この会が終了後に、すぐに新幹線に乗って東京へbullettrain向かいました。明日は、東京で尋常性白斑治療の講演をしてきます。
 
このブログは、東京へ向かう新幹線の中で書いていますwink
 
(院長)
 

2017年10月 9日 (月)

京都で講演

先週末は、日本皮膚科学会中部支部学術大会で講演のために京都に出張でしたhappy01
 
宿泊したホテルから二条城がよく見えました。この近くに駿台予備校があり、よく通ったところで懐かしかったですhappy01
Img_1862
 
学会は、宝ヶ池の国立京都国際会議場で行われました。
Img_1865
 
私の講演は、日曜日12時20分からのランチョンセミナーです。
 
座席がほとんど埋まっていてホッとしましたhappy01ガラガラでの講演は辛いですからねcoldsweats01
 
私の講演は、いつも越前海岸の写真からスタートしますwink
Img_1883
 
Img_1882
 
スライドの最初の写真は、いつもダイビングをしている越前海岸壁石浜(かぶしはま)です。 
Img_5567
 
海の中はこんな感じですhappy02
 
講演の内容は、高輝度ターゲット型エキシマライトVTRACエキシス308を使用した難治性皮膚疾患治療についてです。
 
他社の機械では、絶対真似ができない使用方法を披露しましたgood
 
来週は、東京で別の紫外線治療器ダブリン3シリーズを使用した白斑治療の講演をします。
 
ダブリン3シリーズは、TL-01型のナローバンドUVBランプを48本も搭載という国内最強バージョンの全身照射型紫外線治療器です。
 
と言っても、講演スライドはこれから作成という状態で大ピーンチwobbly間に合うかなぁcoldsweats01
 
(院長)
 
 

2017年9月17日 (日)

大阪でざ瘡(にきび)治療の講演

昨日は、マルホ株式会社の主催のAcne consensus meeting 2017の講師として登壇しました。
 
 
この会は、皮膚科開業医さん向けのセミナーです。講演では、にきび治療全般にわたるお話をしました。
 
座長は、大阪赤十字病院皮膚科部長立花先生にしていただきました私の師匠ですhappy02
Img_1751
  
師長も、当院のにきび治療について看護サイドの観点から解説しました。久々のコラボ講演ですhappy02
Img_1747
 
新しい内容としては、新ガイドラインに沿ったざ瘡(にきび)治療戦略エピデュオによるざ瘡瘢痕の形成抑制にきび痕を残さない)効果についてです。
 
エピデュオにきび痕(あと)を予防する力は凄いですhappy02
 
まだ赤いにきび痕(post-inflammatory erythema)の段階なら、かなりの確率で萎縮性瘢痕治らないにきび痕)にならずに治せますgood
 
しかし残念なことは、初診時の段階で、もう既に萎縮性瘢痕になってしまっている患者さんが非常に多いことですshock自前で色々な治療をされてきてはいるのですが・・coldsweats01
 
エピデュオを含めたガイドライン推奨度Aランクの薬剤は、医療機関でしか手に入りません。
 
治らないにきび痕になってしまう前に早く医療機関を受診しましょうwink
  
 
*萎縮性瘢痕は、現在確実に治せる治療法がありません。
*にきびは3ヶ月放置すると、その8.2%が萎縮性瘢痕になるという報告があります。
 (Do TT et al:Journal of the American Academy of Dermatology, 2008:58:603-608)
 
(院長)
 

2017年7月31日 (月)

第35回 日本美容皮膚科学会で講演

先週末は、グランフロント大阪で開催された第35回日本美容皮膚科学会に出席してきました。
Img_1681
 
 
私は、日曜日の朝一に講演がありました。
 
『デュアックを中心に考えるざ瘡治療戦略』という題で急性炎症期ざ瘡(にきび)治療について講演をしました。
Img_1683
 
にきび痕を残さないために如何に急性炎症期の治療を行うか、当院の治療戦略を述べてきましたhappy01
 
ざ瘡瘢痕(いわゆるあばた)になってしまっては治療が大変難しいのですweepにきび痕は予防が大切なんですconfident
 
因みに、講演後に何人かの方にVビーム(ダイレーザー)にきびに対する効果を聞かれましたが、少し誤解があるようです。
 
VビームPostinflammatory erythema(PIE, 赤いニキビ痕)に効果を発揮するのであって、照射するのは維持期です。
 
急性炎症期は効果が無いとは言いませんが、私はあまり当てません。むしろジェントルレーズ(ロングパルスアレキサンドライトレーザー)の方が効くんじゃないでしょうか?
 
でもやっぱり急性炎症期は、ガイドラインに沿ってしっかりと薬物療法を行うべきです。
 
ちょっと専門的すぎましたねwink
  
 
懇親会は、世界的なオペラ歌手中丸三千絵(なかまるみちえ)さんの素晴らしい歌声からはじまりました。
Img_1679
 
5001 
この前の日本皮膚悪性腫瘍学会日本皮膚外科学会に比べるとこの学会は華やかですねhappy01
 
学会終了後は、美容皮膚科レーザー指導専門医研修会を2時間みっちり受けてきました。
Img_1682_3
 
いや〜、疲れましたwobbly
 
これで、2ヶ月間続いた出張ラッシュ第2弾が終了しました。
 
8月の週末は、ダイビングでもしてゆっくり過ごしたいですねwink
  
(院長)
 
  

2017年7月17日 (月)

東京出張

先週末は、新宿「明日から使えるにきび治療の患者指導」という題で講演をしてきました。
 
師長の講演も合わせて1時間以上と、かなり詳細に当院のにきび治療を解説しました。
Img_1638
 
マルホ株式会社主催の講演会で、今後医療関係者を対象に各地で行っていくようです。
 
今回の講演内容は録画され、マルホの社員教育に使用されるそうです。
   
翌日は、靖国神社みたままつりに行ってきました。東京出張で時間があればお参りするようにしていますが、みたままつりは初めてです。
Img_1622_1
 
境内では、色々な催しを行っていました。夜になるとかなり混み合うんでしょうねcoldsweats01
  
わたせせいぞう松本零士の灯篭が並んでいて、一人喜んでいましたhappy01
Img_1625_3
 
ここに来ると、昔の日本人に想いを馳せることができますconfident
 
(院長)
 
  

2017年6月 4日 (日)

第116回 日本皮膚科学会総会で講演

第116回日本皮膚科学会総会に出席するために仙台に行ってきました。
Img_1320
  
私は、最終日のランチョンセミナーで講演をしてきました。
Img_1335
 
今回は前回の講演内容に加えて、エキシマライトとフラクショナルレーザーの併用に関する新たな試み、エキシマライトとナローバンドUVBの同時照射の効果などを解説しました。
Img_1336
 
Img_1343_1
 
続くJohn Koo先生のエキシマレーザーのお話には驚きました。sub-blistering dosimetryという方法を使った新しい乾癬治療を開発中だそうです。
 
たった2回のエキシマレーザー照射で乾癬の皮疹を消失させ、その後何ヶ月も再燃をさせないというのですcoldsweats02そのプロトコールは驚きでした。
 
John Koo先生も、この方法は乾癬治療の根本を変えるかもしれないとおっしゃっていましたね。いやもう、発想が凄すぎですhappy02
 
来年あたりにこのエキシマレーザーが保険適応になりそうです。そのあたりに、もしこの方法が確立されていれば・・smile
 
講演後に記念撮影。前列左がJohn Koo先生、後列右端が今回座長をしていただいた福岡大の今福教授です。
Img_1347_3
  
(院長)
 

カテゴリ

カウンター

  • アクセスカウンター