カテゴリ「院長日記」の320件の記事 Feed

2018年3月11日 (日)

ニキビ治療のWEB講演会

皮膚科専門医でも、ニキビ治療において抗生物質のみの処方がまだまだ多いらしいcoldsweats01
 
通院をしたくなく、即効性のみを要求する患者さんが多いのもその原因の一つではありますが・・crying
 
しかし、耐性菌問題萎縮性瘢痕(治せないニキビ痕)の予防という観点から過酸化ベンゾイル製剤(ベピオ、デュアック等)アダパレン製剤(ディフェリン等)を積極的に使うことが世界的な潮流です。
 
少なくとも皮膚科専門医は、これらの薬剤を積極的に使わないといけません。
 
うまく使えば、抗生物質なんかよりもずーっときれいになりますからgood肌質も改善しますしねwink
 
さて来月、WEBライブセミナーを行います。詳しくは、マルホのホームページをご覧ください。
20180411maruho
 (医師向けのセミナーで、一般の方は受講できません。)
 
過酸化ベンゾイル製剤の副作用を抑えながら効果的に使用する方法を解説します。
 
特に、「過酸化ベンゾイル製剤の長期低用量療法(仮)」の内容を充実させる予定ですhappy02 
  
安易な抗生物質のみの治療は、耐性菌を発生させてニキビが治りにくくなり、徐々に萎縮性瘢痕(治せないニキビ痕)が増えていきます。
 
市販薬による自己治療も同じです。
 
萎縮性瘢痕になってしまってから受診される方が結構多いのですが、時既に遅しなのですweep
 
医師だけでなく、一般の方への啓蒙もこれからはもっと必要ですね。
 
(院長)
 
 
*急性期治療で抗生物質を投与することは問題ありません。また、抗生物質でしか治療できない方がおられるのも事実です。しかし、全体としての処方の中心は、過酸化ベンゾイル製剤やアダパレン製剤であるべきです。
 
 

2018年3月10日 (土)

講演ラッシュ第1弾

講演ラッシュが今年も来たーsign03
 
昨年同様に、3月後半より講演が目白押しですcoldsweats02もう既に、年末までに11件の講演依頼がありました。
 
現在確定している上半期の講演は以下の通りです。
  
3月24日   埼玉大宮でニキビ治療の講演
4月11日   ニキビ治療のWEBライブセミナー
4月15日   名古屋でエキシマライト治療の講演
4月21日   東京でニキビ治療の講演
4月22日   東京でエキシマライト治療の講演
6月 3日   広島の総会でレーザー治療の講演
6月20日   乾癬治療薬オテズラのWEB講演
6月30日   香川高松でニキビ治療の講演
 
講演の準備は大変sweat01ですが、このような機会を与えて頂き、関係者の方々には大変感謝をしておりますhappy02
 
現在のところ出来上がったパンフレットは以下の通りです。
In_3
 
Web_2
 
Photo_3
 
1
 
 (院長)
 
 

2018年3月 4日 (日)

3月土曜日の応援医師

前回お知らせした3月土曜日の応援医師について変更があったため再掲します。3月10日は通常通り医師2診体制で行います。
 
土曜日の午前診は、応援医師による2診体制で行っています。
 
3月の土曜日午前診の応援医師は以下の通りです。
 
3月   3日    登谷医師(女性医師)
3月  10日 応援医師なし登谷医師(女性医師)
3月  17日 藤田医師
3月  24日   山下医師(女性医師)
3月  31日   八木医師
   
3月10日は、医師1人のため混雑が予想されます。3月10日は通常通り医師2診体制で行います。
 
(院長)
 

2018年3月 1日 (木)

難治性白斑(はくはん)の治療

簡単に縮小する白斑もあれば、たとえ小さくても中々小さくならないものもあります。
 
下の写真の患者さんは、上眼瞼部の小さな白斑ですが、ナローバンドUVB照射は全く効果がありませんでしたcrying
 
しかし、エキシマライトの単独照射やフラクショナルレーザーの併用で漸く縮小し始めました。
1mm_2
 
ただし、上眼瞼部は縮小したのですが、眉毛の中に白斑が少し広がってきていますshock 
 
眼瞼や眉毛周辺の白斑は意外に難しい部位です。特に被髪部は効果がほとんど見込めません。
 
よって、先月1mmミニ植皮術を行いました。1ヶ月ほどで点々と少し色素(赤い矢印)が出てきましたねhappy02
1mm2
 
あとは、エキシマライトやフラクショナルレーザーを照射して白斑を縮小させていく計画ですgood
 
ところで、眼瞼周囲はエキシス308石英アプリケーターが照射口が目に掛からず当てやすいhappy02当てているところも目に見えますからね。
Photo
 
この患者さんは、ゴールデンウイーク頃にはかなり良くなっているでしょうから、また報告します。
 
以上の治療の概要は過去のブログを参照:当院の尋常性白斑治療
  
(院長)
 
*先月は、2例の白斑の植皮術を行いました。もう1例はもっと広範な部位を行っています。上写真の方は、承諾を取れたため掲載させていただきました。
 
*以上のレーザー治療や植皮術の技術料はいただいておりません。適応があり、同意を得られた方のみ厚意で行っています。希望されても適応のない方には行いません。適応は医師が判断します。
 
 

2018年2月22日 (木)

ニキビ治療の動画完成(過酸化ベンゾイル製剤の正しい塗り方など)

昨年から何度かざ瘡(にきび)治療の専門家が集まって、にきび治療の解説動画を作成してきました。
 
 
ようやくその動画が出来上がりました。まだ正式発表ではないため、ポスターにモザイクをかけていますcoldsweats01
Photo
 
今後、にきびの患者さんが自由にWebで動画をみることができますhappy01
 
とにかくエビデンスに基づいて厳密に作成されていますので、裏技的なニッチな話はありませんcoldsweats01
 
ただし、過酸化ベンゾイル製剤(ベピオなど)に関しては、かなり私のこだわりを採用していただきましたwink
L_bepio25_tbf15_1
 
 
過酸化ベンゾイル製剤は、最初から病変部以外のところも含めて顔全体に面で塗るのが正しい塗り方です。
 
私は面塗りと呼んでいます。病変部のみに点で塗るのは、点塗りですね。
 
にきびを治すためには、微小面ぽう(目に見えないにきびの元)を治療する必要があります。
 
でないと、微小面ぽうから次々ににきびが発症してよくなりません。これをにきびループっていうんですwink
 
こんなCM昔ありましたよね。
ですから、モグラ叩きにならないように面で塗る必要があります。
 
そして、外用量を調節(通常量の1/8〜1/1)することで、皮膚刺激症状(ヒリヒリ、カサカサ)などの副作用をコントロールします。
 
点塗りでは、外用量の調節ができないため、病変部に高用量(単位面積当たり)の薬剤が付く可能性があります。
 
従って、刺激が強くなり、感作もし易くなります。要するにかぶれ易くなりますshock
 
また、微小面ぽうへの効果がなく、にきびの再燃を防げませんshock
 
面塗りにすると、副作用が多くなると勘違いされている方が居られますが、そんなことはありません。
 
当院では、「面塗り+外用量の調節」を採用してから、過酸化ベンゾイル製剤の副作用はほとんどなくなりましたgood
 
この動画は患者さん向けですが、医師向けにWEB講演を4月11日に行う予定です。
 
そこでは、もっとニッチなお話をするつもりですsmile
 
(院長)
 
*抗生物質外用に慣れている患者さんは面塗りを意外に思われる方が多いので、面塗りをする理由を解説しました。
 
*動画のシオノギ製薬は、現在ニキビ治療の分野から撤退しています。
 
 

2018年2月20日 (火)

皮下のできものに御用心

当院では、皮下腫瘍(皮膚の下のできもの)の検査に新型エコーVenue(ベニュー)50を使用しています。
5001
 
 
皮膚科でエコー検査をしているところはあまり見かけないと思いますが、視診や触診だけで皮下腫瘍を鑑別診断するのはかなり難しいと思いますwobbly
 
最近行ったエコー検査の中で、興味深い症例を供覧します。
 
1)最初の症例は、腋窩皮下に1cm程のしこりがありエコー検査をした患者さんです。
 
皮下に不整形の低エコー像を認め、矢印のように皮下脂肪織に伸びる蛸足のような所見があります。
1514453559
 
こういった所見は、間葉系腫瘍のあまり良くないものに多いですね。組織の免疫染色の結果は、CD34陽性の隆起性皮膚線維肉腫(いわゆる骨肉腫)でした。
 
悪性ですので、拡大切除術となります。
 
 
2)次の症例は、足底の圧痛を伴う皮下腫瘤で受診された患者さんです。
 
皮下に楕円形の低エコー像を認めました。またカラードプラで、腫瘍の真ん中に動脈性の赤い信号も確認できました(矢印)。 
1512063168
 
真ん中の赤い信号部分が血管腔と考えると、血管の平滑筋が腫瘍化した血管平滑筋腫がもっとも考えられます。
  
良性ですが、もう既に歩行時痛があり、後に痛みが強くなる可能性を考慮して切除となりました。
 
切除組織の病理検査の結果は、予想通り血管平滑筋腫でした。
 
  
3)次の症例は、右母趾の爪を上から押さえると痛みが生じるため受診された患者さんです。まだ爪甲には変化はありませんでした。
 
エコー検査を行うと、腫瘍は定かではありませんが爪下に豊富な血流シグナルを認めました(矢印)。
1518867271
 
これは、グロームス腫瘍の初期の像と思われます。いずれ爪の変化を伴い、自発痛が強くなれば手術となります。
 
グロームス腫瘍の過去のブログ:グロームス腫瘍
 
 
4)最後の症例は、ふくらはぎの皮下に腫瘤が触れるため受診された患者さんです。エコー検査で皮下に嚢腫を認めました(左写真)。
 
粉瘤腫かと思いきや、良く調べてみると何やら別の場所に通ずる管のようなものがありました(矢印)。
Photo
  
この管は、膝裏の関節嚢腫まで続いていました。いわゆるベーカー嚢腫がふくらはぎにまでのびた症例でした。
 
粉瘤腫として手術をしていたらえらいことになっていましたねshock治療の必要はなく経過観察としました。
 
以上のように、視診や触診だけでは皮下腫瘍の鑑別はできません。エコー検査は必須の検査です。
 
皮下に出来ものができて心配な方は、お早めに受診して下さいhappy01
 
(院長)
 

2018年2月14日 (水)

白斑(はくはん)のレーザー治療

当院は、尋常性白斑(はくはん)の治療にかなり力を入れています。
 
詳しくは過去のブログを参照してください当院の尋常性白斑治療
 
特に今回は、難治性白斑に対するフラクショナルレーザー治療についてお話します。
 
この話は、一般の方には少し難しすぎるかもしれませんが・・coldsweats01
 
この治療は、フラクショナルレーザーを照射後にエキシマライト等の特殊な紫外線を照射して難治性の白斑を治療しようというものです。
001
フラクショナルレーザーとは、上図のように皮膚に無数の孔をあけるレーザーです。
 
昔は治療成績が一定しなかったのですが、新しいプロトコールを作成してからはかなりうまくいっています。
 

下写真は、豪雪snow前の本年1月19日よりこの治療を1クール行った白斑の患者さんです。

半年の紫外線療法でほぼプラトーな状態であった白斑が、治療直後の2月7日にはかなり色素斑がでていますね。
Photo_2

この治療の凄いところは、良くなる人は1〜2週間で色素斑がでてくるところです。
 
この治療は、レーザーの照射回数、頻度、出力、当て方などコツがありますsecret
 
1つだけ当て方のコツを教えましょうwink
 
下写真は1クール目のフラクショナルレーザー照射直後(左)と照射後3日目(右)です。
 
正常皮膚でフラクショナルレーザーが当たっているところの色素が増強していますね(⬆︎)
Photo
 
経験上、こういった場所の色素が拡大します。要するに、正常部分もかなり含めて照射した方が良さそうです。
 
それ以上は、今年の第117回 日本皮膚科学会総会でお話しますsmile
 
 
今年の総会でお話するのは、炭酸ガスフラクショナルレーザー・コア(CO2RE)についてです。

Co2recandela

 
国内の医療承認がとれた唯一のフラクショナルレーザーです。
 
フラクショナル機能を含めた多機能性能と扱いやすさでは、承認機の炭酸ガスレーザーの中では断トツでしょうねwink
 
その他に、Vビームパーフェクタ赤いにきび痕(PIE:Postinflammatory erythema)への効果や、国内最高の照度を誇る全身型ナローバンドUVB ダブリン3シリーズの使用経験などもお話します。
 
今年の総会は広島なので楽しみだなぁ。実は、広島へ行くのは初めてなんです。
 
(院長)
 
*臨床写真は、患者さんの同意を得て掲載しています。
 

2018年2月12日 (月)

福井豪雪

今年の豪雪snowには参りましたねwobbly当院のある木田地区は除雪が間に合っておらず、悪路のためにあちこちで車carがスタックしていましたshock
Img_2521
 
私は、連日の除雪作業でクタクタになりましたwobbly
 
このような悪路にもかかわらず、先週の土曜日は120人以上の患者さんが受診されました。遠方からわざわざ歩いて来られた方も居られ頭が下がる思いです。
 
今週から通常の診療体制となります。Web受付も再開致します。しかし、週前半はまだ積雪が増えるようです。
 
呉々もお気をつけてご来院ください。
 
(院長)
 

2018年2月 7日 (水)

2月8日(木)は午前診療のみ行います

2月6日の午後診は、大雪のため急遽休診とさせていただきました。
 
職員の安全を考え、そのように判断致しました。午後に受診された患者さんにはご迷惑をおかけ致しました。
 
明日2月8日(木)は、午前のみ診療致します。午後は休診とさせていただきます。
 
ただ、職員は安全のため出勤させないことに致しました。
 
よって、私と師長の2人だけで行いますので、主に再診患者さんを中心に診察を致します。
 
ですので、初診患者さんには十分に対応できない可能性があります。できれば別日の受診をお勧め致します。
 
以上ご理解のほどよろしくお願い致します。
 
 
本日は除雪車が手配できないため、自力でクリニックを除雪しましたcrying
 
一昨日、昨日と除雪したにもかかわらず、もうこんなに積もっているwobbly
Img_2514
 
なんとか車5、6台のスペースと玄関は除雪できました。二人ではこれが限界ですwobbly
Img_2516
 
もう降らんといてほしいwobbly
 
(院長)
 
 

2018年2月 4日 (日)

皮膚癌(がん)の早期発見

今年の冬は、雪snowが多いですね〜coldsweats01 連日の積雪で参っていますwobbly
Img_2406
 
この寒さで、特にしもやけの患者さんが急増していますcoldsweats02今週もかなり寒くなるようです。お気を付けください。
 
よく効く飲み薬塗り薬がありますので、治療が必要な方は受診してくだいhappy01
  
話は変わりますが、最近ほくろできものなどで、悪性腫瘍(癌)を疑って受診される方が増えています。
 
そして驚くことに、結構な割合で悪性(癌)が見つかっています。ここ3ヶ月だけでも8名ほどおられましたcoldsweats02
 
特に新しいエコーのおかげで、悪性のしこり(実際は肉腫でしたが)をみつけることができた例もありました。
 
幸い全員が早期の癌でした。
 
気になるほくろできものがある場合は、放置せずに早めに医療機関を受診しましょう。
 
(院長)
 
 

カテゴリ

カウンター

  • アクセスカウンター