カテゴリ「ホクロ(ほくろ、黒子)」の15件の記事 Feed

2011年2月13日 (日)

黒子(ほくろ)のレーザー治療3

前回までは、一般的な黒子のレーザー治療を紹介しましたhappy01
今回は、再発例の治療の困難さをお示しします。

この写真は、鼻尖部の再発の黒子(↓)です。他施設での治療後に再発し当院を受診されました。鼻尖部は特に手術が難しい部位です。それもいびつに再発していますcrying
Img_1123_2_2

削りすぎると凹みが永久に残り目立ちますweep メスやサージトロン(電気メス)では、微妙なラインが難しいcoldsweats01 よって、炭酸ガスレーザーにて鼻尖部のアウトラインを崩さないように軽めに削ります。当然再発は覚悟です(『黒子のレーザー治療1』を参照)。
Img_1883

アウトラインはきれいに仕上がったんですが、やはり、数ヶ月後に再発(→)してきましたweep ここで、前回の『黒子のレーザー治療2』で紹介したQスイッチレーザーの登場ですshineついでに横にある黒子(↓)もQスイッチレーザーで処理しました。
Img_4364_3

最大パワーで照射ですshine Qスイッチレーザーは麻酔の必要もなく、数秒で治療が終了しますgood
Img_4369

治療2ヶ月後の写真です。まぁ瘢痕が少し残っていますが、かなり奇麗に仕上がったと思いますhappy01 再発例ですのでこれが限界でしょうcoldsweats01
Img_5255_2

黒子の治療は簡単ではありません。以上のように各種レーザーを組み合わせることも時に必要です。今回のような再発例は、特に治療が困難で時間がかかります。黒子の悪性などをチェックする必要もあり、黒子治療の前には皮膚科専門医で一度相談されることをお勧めします。

(院長)
*当院では、基本的に他施設治療後の再発例はお受けしておりません。今回の患者さんは、写真掲載を許可してくださったのと、知り合いであったためお受けしました。
*エステ治療後の再発例(失敗例?)が多数来られます。当院では治療をお断りしております。エステの黒子除去(福井県は非常に多い)は、危険なだけではなく違法です。国民生活センター「ホクロ取りでの危害」

2011年1月 3日 (月)

iPhone用ダーモスコピー〜The iPhone-connected dermatoscope〜

年末に待望のiPhonemobilephone用ダーモスコピーが、ドイツからやって来ましたhappy02 これ、結構凄いですね。恐らく、ほとんどの同業者は知らないでしょうね。この前、大学の忘年会で聞いても誰一人知りませんでした。このブログに注目が集まるかもsmile
Img_4937_4Img_4938_2

取り付けるとこんな感じ。
Img_4939_2
Img_4956

アップルストアからソフトを購入します。指先にある赤色のソフトをタッチして開けます。
Img_4955_4

撮影は自動的にiPhoneがピントを合わせ、画面をタッチするだけで撮影します。かなりきれいに取れますね。
Img_4946_3

画像は20倍まで拡大できます。かなりの解像度ですね。
Img_4949_6

こんな感じで自動的に整理記録されます。絵がでてきて部位も記録できます。
Img_4944_4
Img_4951_3
Img_4950_3

新年早々使ってみようと思います。また使い勝手をレポートしますねhappy01

(院長)

*当然これは厚生省の医療機器承認を得ていませんので、認可を得たダーモスコープで確認する必要があります。まぁ、単なるカメラですから危険性はありませんが念のため。

2010年12月27日 (月)

黒子(ほくろ)のレーザー治療2

2010年10月 3日 (日)のほくろ(ホクロ、黒子)のレーザー治療1で出演していただいた患者さんが久しぶりに受診されました。
炭酸ガスレーザーで3カ所(→)治療したところは、さらにわからなくなっています(本人に写真掲載許可を得ています)good
Img_0890_3

Img_4207_3

今回はさらに、小さなほくろ(→)を取ることにしました。この程度の黒子ならば、アレックスレーザー麻酔なしで取れます
上写真:照射前、下写真:照射後1ヶ月
Img_4207_4

Img_4877_2

アレックスレーザーとは、Qスイッチアレキサンドライトレーザーのことです。普通はシミとりに使用するレーザーですが、薄くて小さなほくろなら、出力を最大にすることによって除去することができます。麻酔の必要もなく、照射後のテープも必要ありません。
Img_3978

アレックスレーザーによるほくろ治療の特徴
適応:大きさは1〜2mm程度の平坦なほくろ。よって、希望されてもできないことがあります。
利点:1度に5個程度まで治療可能。麻酔の必要がない。 照射後に軟膏を塗るだけでOK。テープを貼る必要ない。 
欠点:1度で取れないことが多く、何度かする必要あり。再発の可能性はある。


cherryこの治療の最大の利点は、麻酔の必要がなく、テープも不要なため人知れずほくろをなくせる点ですねhappy01 しかし最大の問題は、何度か治療(通常2〜3回)が必要な点です。完全に取れずに再発の可能性もあります。


まぁ最近では、ダウンタイムの短い治療が好まれますから根治をめざす必要はないのかもしれません。


apple料金設定を変更(2012年4月30日現在)しました。1カ所1回が3500円(初診料、再診料別)。ふくらみのあるほくろや、2mmより大きなほくろはこの治療には適しません。

[E:banana]この治療を行うと、際限なくほくろを取ってほしいと望まれるケースがあります。安全管理上、最大5つまでにしています。ご理解下さい。

2012/08/01記載
danger現在アレックスレーザーによるほくろ治療は中止しております。この治療はお手軽なのですが、再発の可能性と複数回治療という点で、あまり患者さんの評判がよくないようです。シミ治療は、効果が高く行っています。
(院長)

以上の内容は、2012年4月30日に一部変更しています。

〠918-8105 福井県福井市木田3丁目2605 
にしむら皮フ科クリニックのホームページ

2010年12月16日 (木)

早期発見!黒子(ほくろ)のガン

当院には、足うらの黒子(ほくろ)を気にされて多くの患者さんが受診されます。長年の啓蒙活動が功を奏して、足の裏の黒子はやばいということはよく知られるようになりました。
他の皮膚がんと違って、早期より転移しやすいために気づいたときには手遅れになることが多い癌ですshock

早期診断は非常に難しかったんですが、ダーモスコピー(下写真)の出現により早期に癌を見つけて治療できるようになりましたgood 
特殊なライトで皮膚表面の乱反射を防ぎ、皮膚の内部を透視する仕組みです。
Img_0514_2Img_0515_3

皮膚悪性腫瘍診療ガイドラインでも推奨度Aで、早期発見に役立つとしています。
Img_0525_17
虫メガネではないので、のぞけば誰でもわかるものではありません。ある決められたパターンを覚える必要があります。これが結構難しい。皮膚科医でも特殊な訓練をしないとできません。


あるとき、足のかかとの黒子が心配になりある患者さんが受診されました(写真は本人の掲載許可を得ています)。
Editmelanoma_macro

ダーモスコピーは、fibrillar pattern(褐色部分)の中に、ほんの少し灰白色(→)のところがあります。わかります? わずか1mmの変化です。
6_82290781da1_2

精密検査の予約をして帰宅してもらったんですが、患者さんすっかり忘れていて来なかったんですねcoldsweats02 何度か呼び出してやっときてもらったときには、既に2ヶ月ほど経過していました。そのときのダーモスコピーがこれです。灰白色部分が拡大して明らかに進行していますweep
Editdermoscopy_2_2
この灰白色の部分は、(blue-)whitish veilとよばれメラノーマに(まれにSpitz母斑にも)特異的に見られます。直ちに入院して手術を行いました。

これは病理所見です。立派なメラノーマでした。センチネルリンパ節を含め他臓器に転移は見られず完治しましたhappy02 あと半年放置していたら、かなりやばかったですねshock
Melanoma_x4_4_5

私の専門の1つは皮膚がんです。開業して大きな手術をすることはなくなりましたが、早期に皮膚がんを発見することこそその使命と考えています。皮膚がんは早期にみつけて治療することが極めて大切です。時に生死を分ちます。気になる黒子があれば受診してください。ダーモスコピーは痛みがなく、数分で終わりますhappy01 保険適応です。

(院長)
*iPhoneにダーモスコピーがつく商品が開発されたんですね。これほしいなぁ〜heart02






2010年10月 3日 (日)

黒子(ほくろ)のレーザー治療1

今回はほくろのレーザー治療を紹介しましょう。
当院は、レザック社製の最新型炭酸ガスレーザーを使用してほくろを除去します。
Img_4025_4

ほくろの治療が難しいのは、再発が多いこと(特に若い方の顔面のほくろ:ミーシャ母斑)、術後に凹みが生じることですshock。当院にも、以前どこかで受けた治療で再発しただの、凹んだなどの訴えで再治療を希望される方がこられます。最悪なのは、エステなどでとって(違法行為)失敗などもありますban

実はこの2つの問題(再発と凹み)は簡単に解決できます。それは、術後2週間テープ(軟膏付き)をはることです(湿潤療法)。このテープを2週間がいやで、治療を断念される方が多いです。

話がながくなりました。では具体的に説明しましょう。
当院職員のお友達で、写真掲載をOKしてくれましたhappy01。素敵な横顔ですが、本人はほくろが多いのがイヤなのだそうです。恋人募集中だそうですheart
Img_0890_2

顔面のほくろ(特にミーシャ母斑)は、皮膚の下(真皮)深くまで存在しているため、再発を防止するために深く削らないといけません。また、凹みが目立たないように、ほくろの大きさよりかなり大きく、すり鉢状に(なだらかに)削ります。この写真も、ものすごく広く削っているでしょう。
Img_0894_2

当院では2週間の軟膏とテープのかわりに、特殊なシール(企業秘密ですsmile)を10日間はります。すると、あのクレーターのような大きなくぼみが真っ平らになります。これで凹みと再発は防げました。後には赤みがのこりますが、3ヶ月もすると薄くなります。
Img_1122_2

2ヶ月後です。かなり赤みがなくなりましたgood。半年もすると全くわからなくなるでしょう。ちなみに鼻のほくろも取っています。
Img_2742_2

10-14日間シールやテープを貼るのは嫌だという方は、最初からお断りしています。最良の治療結果を出すために妥協したくはありません。テープを貼らなくても凹みが起こらない方もおられますが、それは単に運がよかっただけですね。

そして最後にもう1つ。レーザー治療では、組織検査ができません。ということは、術前にしっかりと悪性でないことを検査しておく必要があります。最近ではダーモスコピー検査によって、かなりの精度で良性と悪性を区別できるようになりました。ほくろをとるときは、少なくとも皮膚科医によるダーモスコピー検査を受けられてからにするべきです。

当院では、2種類のダーモスコピーを使用しています(左:クリニカルサプライ、右:おんでこ)。
Img_3744_2

下の写真は足底のほくろでフォローしていた患者さんです。
Contents_01_p011

再診時にダーモスコピーで異常(右側の黒い点+乳白色:whitish veil)をみとめました。たった2mmの病変ですが、精査したところメラノーマの進行癌でした。治療が奏功して完治されましたが、ダーモスコピーがなければ見逃していたでしょう。このようなほくろに、万が一レーザーを当てれば悲惨ですng
Contents_01_p02

しっかりとした診断があってこその治療です。(院長)

*医療機関によっては、ダウンタイムを少なくかつ凹ませないために、わざと再発覚悟で浅めに削るところもあります。術前にムンテラしてあるのであれば、これも正しい治療です。上記の方法は、あくまでも1度で確実にとることを目標にしています。

〠918-8105 福井県福井市木田3丁目2605 
にしむら皮フ科クリニックのホームページ

カテゴリ

カウンター

  • アクセスカウンター