カテゴリ「皮膚がん」の11件の記事 Feed

2010年12月16日 (木)

早期発見!黒子(ほくろ)のガン

当院には、足うらの黒子(ほくろ)を気にされて多くの患者さんが受診されます。長年の啓蒙活動が功を奏して、足の裏の黒子はやばいということはよく知られるようになりました。
他の皮膚がんと違って、早期より転移しやすいために気づいたときには手遅れになることが多い癌ですshock

早期診断は非常に難しかったんですが、ダーモスコピー(下写真)の出現により早期に癌を見つけて治療できるようになりましたgood 
特殊なライトで皮膚表面の乱反射を防ぎ、皮膚の内部を透視する仕組みです。
Img_0514_2Img_0515_3

皮膚悪性腫瘍診療ガイドラインでも推奨度Aで、早期発見に役立つとしています。
Img_0525_17
虫メガネではないので、のぞけば誰でもわかるものではありません。ある決められたパターンを覚える必要があります。これが結構難しい。皮膚科医でも特殊な訓練をしないとできません。


あるとき、足のかかとの黒子が心配になりある患者さんが受診されました(写真は本人の掲載許可を得ています)。
Editmelanoma_macro

ダーモスコピーは、fibrillar pattern(褐色部分)の中に、ほんの少し灰白色(→)のところがあります。わかります? わずか1mmの変化です。
6_82290781da1_2

精密検査の予約をして帰宅してもらったんですが、患者さんすっかり忘れていて来なかったんですねcoldsweats02 何度か呼び出してやっときてもらったときには、既に2ヶ月ほど経過していました。そのときのダーモスコピーがこれです。灰白色部分が拡大して明らかに進行していますweep
Editdermoscopy_2_2
この灰白色の部分は、(blue-)whitish veilとよばれメラノーマに(まれにSpitz母斑にも)特異的に見られます。直ちに入院して手術を行いました。

これは病理所見です。立派なメラノーマでした。センチネルリンパ節を含め他臓器に転移は見られず完治しましたhappy02 あと半年放置していたら、かなりやばかったですねshock
Melanoma_x4_4_5

私の専門の1つは皮膚がんです。開業して大きな手術をすることはなくなりましたが、早期に皮膚がんを発見することこそその使命と考えています。皮膚がんは早期にみつけて治療することが極めて大切です。時に生死を分ちます。気になる黒子があれば受診してください。ダーモスコピーは痛みがなく、数分で終わりますhappy01 保険適応です。

(院長)
*iPhoneにダーモスコピーがつく商品が開発されたんですね。これほしいなぁ〜heart02






カテゴリ

カウンター

  • アクセスカウンター