カテゴリ「紫外線療法、NB-UVB」の13件の記事 Feed

2012年8月22日 (水)

当院の乾癬治療shine

今回は、当院の乾癬治療をご紹介したいと思いますhappy01

 

クリニックホームページ内での乾癬治療の紹介が不十分なため、急遽ブログで補足することにしました。coldsweats01

 

実は、乾癬の治療は最も力を入れている分野の1つなんですけどねcoldsweats01 近いうちにホームページを充実させなくちゃcoldsweats01

 
乾癬とは、体に下写真の様なカサカサした紅色の皮疹(角化性紅斑)が出現します。
 
Img_5702
 
欧米人には多く、20〜30人に1人の有病率なんですが、日本人では1000人に1人くらいです。ただ、近年増加傾向です。
 
 
この病気の詳細は、日本皮膚科学会ホームページに記載されていますので、こちら(http://www.dermatol.or.jp/qa/qa14/q01.html )を参照してください。
 
 
 
では、当院の乾癬治療を紹介しますwink
 
 
下図のピラミッドは、乾癬治療のアルゴリズムです。頂上に行くに従って、難治性の治療になって行きます。
 
 240862000_28_2
 
 
 
当院の治療も、このアルゴリズムに沿って行います。
 
 
特に治療の主体となるのが、ピラミッド底辺の外用(ぬり薬)療法光線療法ですねhappy01
 
 
外用療法:ステロイド軟膏ビタミンD3軟膏を使用します。軽症であればこれで十分ですね。当院通院中の乾癬患者さんの6〜7割はこれのみで治療を行っています。症状が寛解すればビタミンD3軟膏のみでコントロールできる方も多くおられます。
 
 
光線療法当院が力を入れている治療法ですshine外用治療だけでは今ひとつな患者さんに使用します。外用と併用するコンビネーション治療が多いですね。
 
 
当院では、全身照射型(上写真)、部分照射型、手足照射型(下写真)の3種類の紫外線照射器(全てナローバンドUVB)を使用して、患者さんのニーズに合わせて治療を行っています。
 
Dsc_8600insidecover
 
Mseriespictures003
 
 
ナローバンドUVBとは、波長が311nm付近の極めて狭い範囲の紫外線であり、乾癬に有効であることが示されています。
 
 
従来のUVB療法と比べて治療効果が高く、かつ副作用が少なく簡便であり全国に急速に普及してきました。
 
 
さらに最近では、308nmの波長を持つ紫外線(エキシマライト)も乾癬に対する有効性が示され、従来のナローバンドUVBが効かない乾癬皮疹にも有効であるとされています。
 
Photo_03_3
 
当院では、エキシマライトを照射するVTRAC(ヴィトラック)という機械を所有しています。
 


YouTube: エキシマライト2 clinic-N

 
設備面では、大学病院にも負けませんよ!happy02
 
 
内服療法シクロスポリンレチノイドの2つが保険適応です。かなり難治性の患者さんに使用します。治療効果は高いのですが、それぞれ副作用があります。他の治療法とローテーションを組んだり(ローテーション療法)、少ない量で治療低容量シクロスポリン内服療法)して副作用がでないように工夫をしています。またレチノイドは、光線療法との併用も有効です。
 
 
ローテーション療法:それぞれの治療を一定期間ずつローテーションを決めて行う治療です。副作用を軽減しつつ効果を持続させることができます。
 
Yougto12
 
 
生物学的製剤:現在当院でも導入を予定しています。決定次第紹介したいと考えています。
 
 
以上の治療の他にも、食事療法restaurantや入浴時spaの注意などの生活指導も行います。
 
 
ここ10年で、乾癬治療は格段の進歩を遂げました。以上の治療に興味がある方はご相談ください。happy01
 
 
(院長)
bananaいよいよ当院でも生物学的製剤の治療を開始します。
2012年11月30日のブログに詳しく掲載(http://clinic-n.mitelog.jp/blog/2012/11/post-9c22.html
 

cherry光線療法は、予約制で行っています。治療法の選択は医師の判断で行いますので、希望されても行わないこともあります。電話でのご相談はお受けしておりませんのでご遠慮ください。受診してご相談ください。

 

にしむら皮フ科クリニックのホームページ

2011年10月19日 (水)

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)のエキシマライト光線療法shine

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)とは、手と足にうみ(膿疱)とかさかさ(鱗せつ)ができる原因不明の難治性の皮膚病です。
Img_4673_2

悪化時は、膿疱だらけになって歩行ができないくらい痛くなることがありますcrying


当院では、308nm波長の紫外線(エキシマライト)を照射して治療していますshine


当院で使用している機械VTRACは、現在国内で販売されている機械の中では最もパワーが強く、手足という分厚い皮膚でも治療効果が期待できます。
Img_0329_2


YouTube: エキシマライト clinic-N

(注:ヘッドの清潔を保つため、病変部への接触部はラップで覆っています。使用後は毎回ヘッドは消毒しています。)


特に、内服(抗アレルギー剤や抗生剤など)や外用(ビタミンD3やステロイドなど)にて治療抵抗性の方に照射しています。


下写真の方は、ビタミンD3とステロイド外用にて効果が乏しかったたためにエキシマライト光線療法を開始しました。
Img_4064

照射8回目でかなり改善しましたgood
Img_5714_2

効果を上げるために、最初は週2回受診されることをお勧めします。よくなれば、徐々に間隔を空けていきます。


ただ、掌蹠膿疱症でもいきなりエキシマライトを照射することはありませんconfident 大半の方は、生活指導(禁煙やうがい励行など)、内服や外用でコントロールできます。


掌蹠膿疱症でお悩みの方は、ご相談下さい。

(院長)

*最初のころは、なかなか治療効果があがらず苦労しましたが、最近ではテクニックが向上して、難治性の方でもかなり良好な結果が出せるようになってきましたgood


2011年6月12日 (日)

慢性痒疹のナローバンドUVB療法shine

ナローバンドUVB(NB-UVB)は、非常に幅の狭い波長域(311±2nm)を持った紫外線shineです。

近年、この特殊な紫外線shineが、アトピー性皮膚炎、慢性痒疹、掌蹠膿疱症などの難治性皮膚病shockに効果があることがわかってきました。

今回は、慢性痒疹という難治性皮膚病へのNB-UVB療法についてお話します。

慢性痒疹とは、下腿を中心に多発する痒い丘疹(ぶつぶつ)で、年余にわたって持続しますsad
Img_4827

強いステロイド外用を行ってもなかなか改善しないことが多く、この病気をいかに治すかは多くの皮膚科医の悩みでもありますdespair

当院では、慢性痒疹のなかでも特に難治性のものに限りNB-UVB療法shineを行っています。この青い光shineが不思議なことにかゆみを抑え、皮膚病を治す力がありますhappy01
Img_1061

効果は抜群です。照射数回で8割以上の方のかゆみが治まってきますgood 完全に治るまでには数ヶ月かかりますが、何をしても治らない痒疹がなおるのですから凄いことです。

子供では、効果はすぐに出ます。
Img_4826_2

NB-UVB照射8回目
Img_6881_3


この方は、エキシマライト単独で十分な効果がでなかったためにNB-UVB療法開始。
Img_3692

NB-UVB照射15回目 かなり改善しました。
Img_6768

当院では、エキシマライト(波長308nm)とNB-UVBのコンビネーション治療なども行っています。
(院長)

*慢性痒疹に対する効果は、単独ではVTRAC(エキシマライト)より従来(311±2nm)のNB-UVBの方が上ですね。波長が長いからというよりは、NB-UVBの方が正常部分も含めて広範囲に照射されるためではないかと考えています。最近では、紫外線A波の長波長領域UVA1の方が慢性痒疹に効くという話もあります。また、エキシマ+NB-UVBコンビネーションもかなりよく効きます。どちらがより効果があるのでしょうか? 興味が尽きませんね。


カテゴリ

カウンター

  • アクセスカウンター