« 思春期にきび | メイン

2021年11月16日 (火)

小児アトピー性皮膚炎の重症化予防

先週水曜日は、
 
北海道アトピー性皮膚炎(以下アトピー)の講演でした。
 
今回も福井からの配信です。北海道行きたかったなぁ〜crying
 
写真は、講演前の打ち合わせです。楽しいそうでしょsmile
38054ff79b974f63ba2e4692d29faa5e_1
 
今週水曜日もアトピーの講演が西日本であります。
 
講演が、年内あと4つです。ラストスパート頑張りますgood
 
 
ところで今回は、
 
小児アトピーの重症化予防についてお話をしましょう。
 
当院には、小児アトピーの患者さんが大勢通院されています。
 
初診時かなり重症の患者さんも少なくありませんcrying
 
そのほとんどは、無計画な治療による重症化ですwobbly
 
アトピーは良くなったり、悪くなったりするため、
 
どうしても悪い時だけ塗る治療になりがちです。
 
しかし、
 
アトピーは、乳幼児では食物アレルギーを引き起こし、
 
その後に続く喘息などのアトピーマーチの源流になり、
 
学童期では学業及び心身の発達にも影響し、
 
成人になると就労困難などの社会的な不利益にもつながる疾患ですwobbly
 
もう、その人の人生における損失は凄まじいshockshock
 
だからこそ、小児のうちに計画的に治療を開始し、
 
塗り方、塗る量、塗る頻度、通院間隔等を守って
 
重症化を予防し、
 
完全寛解からアウトグロー(治った状態)へ導きましょうhappy02
 
001
 
(院長)
 
*完全寛解:ステロイドなどの外用なしで、皮疹が全くない状態を維持していること。
 

カテゴリ

カウンター

  • アクセスカウンター