カテゴリ「尋常性白斑 (しろなまず))」の20件の記事 Feed

2017年11月 4日 (土)

当院の尋常性白斑(はくはん)治療

当院の尋常性白斑治療は、治療機器の新規導入が次々に行われ、ここ数年で格段の進歩を遂げていますgood
 
しかし、ホームページの改訂が進んでいないため、暫時ここで紹介したいと思います。
 
まず、尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)とは何でしょうか?
 
尋常性白斑は、下写真のように皮膚のメラニンを作る細胞(色素細胞)が減少・消失して皮膚が白くなる後天性の病気です。
Img_4833
 
英語で、Vitiligo(ヴィティライゴ)といいます。
治療方法には、①外用療法、②紫外線療法、③レーザー治療、④植皮術があります。
  
 
[①外用療法]
 
塩化カプロニウム、ステロイド、タクロリムス、ビタミンD3などの外用剤があります。しかし、外用剤のみで治癒するケースは稀であり、次の紫外線療法を併用することがほとんどです。
  
 
[②紫外線療法]
 
紫外線療法は、この疾患に対して最も効果的な治療法です。使用する紫外線には2種類あり、波長が308nmのエキシマライトと、311nmのナローバンドUVBです。
  
 
(ナローバンドUVB)
 
当院では、全身照射型ナローバンドUVBとしてダブリン3シリーズを所有しています。
001
 
TL-01型ナローバンドUVB電球flairが48本sign01と、国内最強スペックを誇ります。全身に広範囲に広がる白斑には、最も効果的です。
 
当院では半身照射型の7シリーズも所有していますが、同じ照射量でも3シリーズの方が効果は高いです。おそらく、360度全方位からの高輝度照射ためと考えられます。
  
 
(エキシマライト)
 
もう一つの紫外線療法エキシマライトです。
 
当院では現在、2台のエキシマライト治療器が稼働しています。ヴィトラックエキシス308です。
001_2
 
ヴィトラックは、150mW/cm2という国内最強の輝度を持ち、最も効果が高い紫外線治療器とされています。
 
エキシス308は、100mW/cm2という2番目に強い輝度を持ちながら、ヴィトラックの欠点である紅斑と色素沈着が出にくいという利点があります。
 
このエキシス308shine石英アプリケーター(トリートメントチップ)は、異なる直径のものが3種類あり、口腔粘膜、目や耳介周囲、被髪部などの従来のものでは照射しずらい場所に有効です。 
 
顔面などの限局した病変や、ナローバンドUVBでは効果の出にくい部位の治療に使います。
Photo
 
ナローバンドUVBで効果がなくても、エキシマライト有効となるケースがあります。また、その逆もあります。
 
さらに難治例では、エキシマライトナローバンドUVBの同時照射で効果が得られるものもあります。
 
 
[③レーザー治療]
 
炭酸ガスフラクショナルレーザー(CO2RE:コア)thunderエキシマライトshineを交互に照射する治療方法です。紫外線療法単独では効果が乏しい症例に行います。
001
 
 
下動画のように、紫外線療法による毛包膨大部からのメラノサイトの表皮移行を、フラクショナラルレーザーが増強させるようです。
 
[④植皮術]
 
さらに、以上の治療法で効果がみられない症例には、希望があれば1mmミニ植皮を行っています。
2001
この植皮術の利点は、他の植皮術と違って採皮部(皮膚を採取するところ)の傷が残らず、治療後も日常生活の制限が少ないことです。
 
さらに、この植皮術にエキシマライトフラクショナルレーザーを組み合わせると、治療成績がグーンとあがりますgood 
 
 
上記①〜④の治療法は、しばしば組み合わせて行います。
 
様々な白斑患者さんにベストな治療法を提供するため、日々努力していますhappy01
 
(院長)
 
 

2017年10月15日 (日)

御茶ノ水で光線療法の講演

今日は、御茶ノ水のソラシティ皮膚科光線療法推進の会が主宰する「光の応用セミナー」で講演をしてきましたhappy01
 
この会は、紫外線療法に特化した会員制のセミナーです。参加者は、日常診療で紫外線療法をよく行っている医師達です。
 
私の講演の題は、「難治性皮膚疾患を光線療法で治します。白斑への次の一手は」というものです。当院の尋常性白斑に対する紫外線療法を披露しました。
Img_1967
 
最初のスライドは、昨日のニキビ治療の講演と同じく越前海岸の写真からスタートです。
 
Img_1970
 
今回の講演では新たに、エキシマライトナローバンドUVBの同時照射の有効性などを述べました。
 
演者は全員、紫外線療法の専門家ばかりです。私も参加して大変勉強になりましたhappy02
 
個人的に興味深かったのは、1mmミニグラフトが保険請求できるということ、手指部白斑の植皮術の有用性、Afamelanotideの米国での臨床試験の話などです。
 
特に、Afamelanotideは以前に当ブログでも紹介したことがあり、早く日本でも使えるようになってほしい薬剤です。
 
 
現在、Afamelanotideの外用薬が開発中だそうです。大変楽しみhappy02
 
昨日は南大阪で今日は御茶ノ水と、目まぐるしい2日間でしたが、講演もうまくいって非常に楽しかったですhappy02
 
休みが全くありませんが、気合を入れて明日からの診療頑張りますgood
 
(院長)
 
 

2017年10月 9日 (月)

京都で講演

先週末は、日本皮膚科学会中部支部学術大会で講演のために京都に出張でしたhappy01
 
宿泊したホテルから二条城がよく見えました。この近くに駿台予備校があり、よく通ったところで懐かしかったですhappy01
Img_1862
 
学会は、宝ヶ池の国立京都国際会議場で行われました。
Img_1865
 
私の講演は、日曜日12時20分からのランチョンセミナーです。
 
座席がほとんど埋まっていてホッとしましたhappy01ガラガラでの講演は辛いですからねcoldsweats01
 
私の講演は、いつも越前海岸の写真からスタートしますwink
Img_1883
 
Img_1882
 
スライドの最初の写真は、いつもダイビングをしている越前海岸壁石浜(かぶしはま)です。 
Img_5567
 
海の中はこんな感じですhappy02
 
講演の内容は、高輝度ターゲット型エキシマライトVTRACエキシス308を使用した難治性皮膚疾患治療についてです。
 
他社の機械では、絶対真似ができない使用方法を披露しましたgood
 
来週は、東京で別の紫外線治療器ダブリン3シリーズを使用した白斑治療の講演をします。
 
ダブリン3シリーズは、TL-01型のナローバンドUVBランプを48本も搭載という国内最強バージョンの全身照射型紫外線治療器です。
 
と言っても、講演スライドはこれから作成という状態で大ピーンチwobbly間に合うかなぁcoldsweats01
 
(院長)
 
 

2017年2月 6日 (月)

ダブリン3シリーズの威力

以前ブログでお伝えした通り、タワー型のナローバンドUVB照射器であるダブリン3シリーズ(下写真)を導入しました。
 
もうね、次元が違いますcoldsweats02 凄まじい威力ですhappy02
Img_0542
 
何にしろ、TL-01型ナローバンドUVB電球flairが48本ですからね。
 
1000mJの全身照射を1分半以内に終了してしまいますcoldsweats02今まで使っていたダブリン7シリーズでも8〜9分はかかりましたから。
 
同じ照射量で当てていても、明らかに効果が違いますねwink
 
照射患者さんが増えてきたので、処置室の一角を改造して紫外線照射室にしました。エキシマライトも勢ぞろいですhappy02
Img_0623
 
これで、難治性皮膚疾患をバンバン治すぞ〜happy02
 
全身に皮疹がある難治性の乾癬白斑の患者さんは、ぜひ受診してくださいね。重症アトピーや慢性痒疹の患者さんにも良く効きますgood
 
(院長)
 

2015年7月15日 (水)

続・忙しい水曜日

今日も暑かったsunですね〜sweat01
 
当院は休診日でしたが、いつものごとく忙しい水曜日でした。
 
まずは、朝9時から何人かの巻き爪治療を行いました。下写真は、ダブルワイヤ挿入中のものです。
Img_2293
  
完全にのり巻き状態の爪ですね。これこそが巻き爪です。陥入爪とは違います。
 
挿入終了(下写真)。これはかなり難しかったcoldsweats01
Img_2296
 
こんな簡単な方もおられました。4度目のワイヤ法の方です。
Img_7644
 
でも、この方の以前の爪はこんなんだったんです(下写真)coldsweats02爪水虫も同時に治療して見違えるように綺麗になったでしょ(上写真)happy01
Img_7941
 
ある医師より質問を受けました。「あんなに近位に(爪先より離れて)ワイヤを挿入したら、ワイヤが爪床(爪下の皮膚)に突き刺さるのではないの?」と。
 
答えは、ワイヤを下写真のように加工しているから大丈夫なんです(←)wink
Img_2014
 
どうやって加工しているかって?それは内緒ですsmile
 
巻き爪治療の後は、頚部の白斑の方に1mm植皮術を行いました。
 
エキシマライト治療shineで白斑の面積が半分になったのですが、治療効果が停滞してきたために何回かに分けて植皮術を行うことにしました。
 
本日は、下写真の範囲(紫線内)に植皮しました。
Img_2301
  
植皮直後(下写真)。植皮生着を確認後にエキシマライト治療shineを再開すると、色素がぐんぐんと出てくるんですhappy02
Img_2303_2
 
詳しくは過去のブログ参照;尋常性白斑の治療
 
*植皮術の手技料は頂いておりません。ただし、当院でまじめに治療を受けて来られた顔面頚部の白斑の方のみに行っています。
 
 
その後、製薬会社の方と面談がありました。目新しい情報としては、いよいよニキビ治療薬デュアック(過酸化ベンゾイル+クリンダマシン合剤)が今月発売になりますhappy01
Photo
 
簡単に言えば、ベピオゲル(過酸化ベンゾイル)ダラシンTゲル(クリンダマシン)の合剤です。なんか凄くききそうですね。問題は、ベピオゲルの副作用の克服ですね。
 
ベピオゲル発売以来100症例以上経験して、ようやくこの薬剤の使用法が自分の中で確立されてきましたgood
 
副作用を最小限にする方法やディフェリンとの併用方法など、今後このブログで紹介していきたいと思っています。
 
最後に、午後からはいつもの福井日赤hospital応援でした。本日は手術はなく、症例カンファレンスをして終了しました。
 
今日も1日よく働いたなぁconfident
 
(院長)
 
 

2014年4月15日 (火)

尋常性白斑の1mmミニ植皮術

尋常性白斑とは、体の色素が斑状に白くぬける病気ですweep
Img_4836_3
 
難治性ですが、顔面および頸部の白斑に関して言えば、エキシマライト(特殊な紫外線治療)と1mmミニ植皮術が非常に効果的ですgoodちなみに、上写真の方はエキシマライトのみで顔は完治しました(手はのこっていますが・・coldsweats01)。
Img_2435_2
 
 
エキシマライトと1mmミニ植皮術の過去のブログ;当院での尋常性白斑治療
 
この前行った患者さんの植皮(過去のブログ;忙しい休診日)もかなり広がってきました。下写真は術中のものです(本年1月22日)。
Img_0494
 
週1〜2回のエキシマライト照射
Images5
 
施術後約1ヶ月(2月18日)
Img_1685
 
施術後約2ヶ月(4月1日)。ほぼ100%植皮は生着しています。
Img_3572
 
ここまで広がれば、それほど頻回にエキシマライト照射しなくても植皮は大きくなって行きますhappy01
 
良い治療なんですが、欠点は術者の体力がかなり消耗される(特に目が疲れる)ことですbearingさすがに勤務医時代の3〜4倍の外来患者さんをこなしつつsweat01、この手術を継続することは困難になってきました。休診日の水曜日を使って行っていますが、術後はヘロヘロですねshock
 
できれば、体力のある若い方に引き継いでもらいたんですけど、今のところ興味を持ってくれる方はいないようですcryingまぁ、あと数年はがんばって続けてみようと思っていますcoldsweats01
 
(院長)
 
*この植皮術の手技料は請求していませんが(混合診療の絡みがあるので)、誰にでも行っているものではありません。当院でエキシマ治療を行っている方で希望者のみに行っています。
 

2014年1月22日 (水)

忙しい休診日

毎週水曜日は休診日ですが、ゆっくり自宅で休息なんてことはほとんどありませんcrying今日も、いつも通りの忙しい日でしたねsweat01 

1件目は、朝9時からの、長径5cm程度のアテローマ粉瘤、下写真の赤い点線の部分)のくり抜き法です。
 
くり抜く開口部(下写真の→)が下に偏っていてちょっと厄介ですねcoldsweats01こういう場合は、上の部分の腫瘍の周辺に麻酔液をゆっくり注入してhydrodissectionするのがこつですねwink
Img_0454_3
  
トレパンで孔をあけて、中身とふくろ(嚢胞)を取り出しますhappy01hydrodissectionのおかげて、ふくろがつるんsign01ととれましたgood
Img_0457
 
直径5mmの傷口は、縫わなくても勝手に閉じますが、今回は縫いました。5mmの孔から5cm程度の腫瘍を取り出す皮膚外科テクニックです。すごいでしょwink
Img_0462_2
 
2、3件目は巻き爪ワイヤー法でした。
 
写真は、2件目の患者さんです。結構巻いてますね〜coldsweats01爪に孔をあけてワイヤーを通します。この患者さんは、写真の→の当たりに孔をあけました。
Img_0464_2
 
この手技の重要ポイントは、①いかに爪先端から離れて孔をあけるかと、②孔の角度を調節して削り、皮膚にワイヤーが食い込まないようにするの2点ではないかと思っていますgood一見簡単なようですが、下写真のようにワイヤーを入れるのは結構熟練の技secretが必要なんですよconfident
Img_0476
 
 
4件目は、首の白斑の1mm植皮でした。1年以上エキシマライト光線療法を行われている方で、かつ希望者に行っています。
Img_0490
 
植皮生着率をあげるためのある作業中secretですhappy01これ以外にも教科書には載っていないsecretテクニックを使用しないと生着率はあがりませんwink
Img_0491
 
計33個植皮しました。目eyeがメチャ疲れました。詳しくは、過去のブログを参照してくださいwink
Img_0494
 
その後昼からニキビと血管腫のVビーム・レーザー治療2件とシミのレーザー治療が2件あり、終了後は休む間もなく福井赤十字病院のカンファレンスに参加しました。
 
以上、今日1日の作業をまとめてみました。水曜日は、師長と2人でやっていますhappy012人とも、今日1日よく働いたな〜happy01
 
(院長)
 
 
apple今回のブログのように、休診日や診療日の昼休憩や診療終了後などに手術やレーザーを行っています。限界まで予約を入れていますが、予約は2ヶ月以上待ちになっています。早期の治療を希望される方は、私が信頼している皮膚外科や形成外科の先生に紹介させて頂くことがあります。ご了承ください。
 

2013年11月 3日 (日)

白斑治療の学会発表

本日は、名古屋へ学会発表に行ってきましたhappy01今回の学会は、名古屋国際会議場で開かれた日本皮膚科学会中部支部学術大会です。
Img_4324
 
中庭にある巨大な像が象徴的な会議場です。幻のダ・ヴィンチの作品を模写したものらしい。なぜここにダ・ヴィンチなのかはよくわかりませんが・・・coldsweats01
Img_4321
 
発表内容は、尋常性白斑に対するエキシマライト光線療法1mmミニグラフト、そして炭酸ガス・フラクショナルレーザーの併用療法についてです。
Photo
 
今回の発表はとにかく時間がなくてsweat01早口でしゃべってしまったために声が小さくなり、聞き取りにくかったと後で言われてしまいましたshock反省ですbearing
 
ただ、発表後に多くの方々から治療の具体的な方法を尋ねられたので、それなりのインパクトはあったのだなぁと思いましたhappy01
 
エキシマライト光線療法と1mmミニグラフト(ミニ植皮)はかなり優れた治療法であり、顔面と頚部の尋常性白斑なら8割は改善しますgoodそして最後の2割を補うためにフラクショナルレーザーを最近研究している状態ですwink特に、3者の併用はかなりpromisingですねconfident
 
発表の最初の写真は、よくダイビングにでかける壁石浜(かぶしはま;下写真)ですね。私の発表スライドのバックは、いつも越前海岸とその海中写真を使用して、越前の海のすばらしさをアピールしていますhappy02
Img_1258
 
(院長)
 
tulip現在以下の休診を予定しています。ご注意ください。
 
11/16(土)京都アクネフォーラムで講演のため午後の予約診察(特殊治療)のみ休診です。午前診療は通常通り行います
 
12/14(土)第433回 日本皮膚科学会京滋地方会に出席(発表予定)のため全日休診です。
 
12/21(土)臨時休診
 
 

2013年6月 2日 (日)

京都で学会発表

昨日は、京都での学会発表のため午後診を休診にさせていただき、ご迷惑をおかけしました。
 
日本皮膚科学会京滋地方会で、「当院における尋常性白斑の治療」という題で発表してきましたhappy01
Img_3632
 
Img_3634
 
発表内容は、①エキシマライト光線療法の有効性、②エキシマライトと1mm植皮併用療法の効果、③???・レーザーとエキシマライト併用療法の可能性、などです(???は、まだ企業秘密secretです。出席者は知っていますけどねsmile)。
 
発表後も色々と質問があり、一応好評であったようですhappy02
 
ちなみに発表の最後の写真は、越前海岸壁石浜(かぶしはま)からみられる漁り火の写真です。気に入っているので学会発表や講演ではいつもこれを出していますwink
Img_1232
 
ダイビングで1000本以上は潜っている場所ですので、この写真をみると海底mistが透けてみえるようです。あと1ヶ月で潜れるかと思うとワクワクしますねhappy02(私は、寒い海は苦手ですのでshock
 
 
学会終了後、京大医局関係者のカンファレンスが別の場所であり、アトピー性皮膚炎の講演を2題ききました。
 
2題のうち1題は、以前福井日赤にもおられた中島(旧姓藤川)先生の研究成果の講演でした。立派な発表で勉強になりましたhappy02
Img_3635
 
お腹には、4人目のお子さんがおられるそうです。子育てに研究にとすごい人ですhappy01彼女と一緒に働いていたころが懐かしいですねhappy01
 
ところで当院のアトピー性皮膚炎治療は、基本的にプロアクティブ療法を採用しています。この治療中の患者さんは一見症状はありませんが、血液データ(TARCなど)は完全には改善していません。
 
(当院でプロアクティブ療法中の患者さんが)勝手に他院を受診して、「医師から症状がないから薬は塗らなくてもよいといわれたが、(当院と言っていることが違うので)どういうことか?」との問い合わせがたまにあります。それで塗るのをやめるのなら、リアクティブ療法です。
 
意味もなく塗らしているわけではありません。プロアクティブ療法とは何か? 以前のブログhttp://clinic-n.mitelog.jp/blog/2013/01/tarc-9633.html )を参照してください。
 
 
学会から帰ってきて、クリニックを見にいくと、玄関の青紅葉がライトに照らされてきれいでしたhappy01
Img_3655_2
 
さぁ、明日からも診療がんばるぞ!
 
(院長)
 
flair休診情報
 
日本皮膚科学会総会(横浜)に出席のため、6月14日(金)午後の診察(午前診察はあります)および6月15日(土)全日休診です。
 
日本美容皮膚科学会(神戸)で講演のため、8月10日(土)は全日休診です。
 
ご迷惑をおかけ致します。
 

2013年4月24日 (水)

白斑の最新治療の開発

当院の白斑治療は、①外用治療(ぬり薬)、②紫外線療法(エキシマライトなど)、③植皮術(主に1mmミニ植皮術)です。
 
詳しくは当院のブログ(http://clinic-n.mitelog.jp/blog/2012/10/post-0467.html )を参照してください。
 
最近は、この1mmミニ植皮術の治療成績アップに力を入れています。植皮方法の工夫を積み重ねて植皮片の生着率がグーンと上がりました。
Img_4931
 
植皮後にエキシマライト(以下エキシマ)を当てることでさらに植皮片の広がりを促します。
Photo_03_3
 
Img_3161_2
 
今では、9割以上の生着率です。問題は植皮片の広がる速度なんですが、これは個人差が大きいようですねcoldsweats01 若い方は、すぐに広がるんですけどね・・・coldsweats01
 
 
そして最近、新しい治療を開始しています。治療中に偶然発見したのですが、エキシマ照射前に特殊な前処置をしておくとその効果がもの凄く増強されるようですhappy02
 
下写真は、長年の紫外線療法等の治療に抗した難治性の白斑です。白斑の左半分のみにその前処置を行って、白斑全体にエキシマを照射しました。すると見て下さい。左半分のみに、2週間程度で毛包から点状に色素が出現してきました。
Img_0225
 
1mmミニ植皮術の成果とこの新しい治療法は、6月に京都で開催される学会で報告する予定です。今のところ、これ以上詳しくは述べられませんが・・・coldsweats01
 
白斑治療は、年々進歩してきていますが、まだまだ十分とは言えません。従来の治療法では全く効果が無い方も大勢おられます。今後も、新しい治療法に積極的に挑戦していきたいと思いますgood
 
(院長)
 
 

カテゴリ

カウンター

  • アクセスカウンター