カテゴリ「アテローマ(粉瘤)」の8件の記事 Feed

2017年5月11日 (木)

粉瘤腫(表皮のう腫)の炎症症状

クリニック入口にある紅葉が、青々と生い茂っていますhappy02夏も近いなぁhappy01
Img_1145
 
ところでここ最近、粉瘤腫(ふんりゅうしゅ、表皮のう腫)の患者さんが増えていますhappy02
 
 
多くの場合、赤く腫れて痛みを訴えられます。
Img_4499
 
まだ波動(プニョプニョした感じsmile)が触れずに赤く腫れているだけの場合は、とりあえず痛み止めと抗生物質で様子をみることが多いですねcoldsweats01
 
しかし、大概うまくいかずに悪化していきますshock
 
この赤く腫れている部分をエコー(下写真)で見ると、囊腫(粉瘤腫の袋、黄色い点線)の一部が破れて内容物が飛び出し炎症を起こしているのが分かります(赤矢印)。
001_2
  
赤く腫れている原因は、この飛び出した内容物による異物反応なのです。
 
では、この異物反応を簡単に素早く治療するにはどうすれば良いでしょうか?
 
切開排膿(切って膿を出す)をしたり、手術で嚢腫を摘出したりするのも1つの治療選択肢です。でも、簡単にとはいきませんが・・coldsweats01
 
もう一つの選択肢は、破れた箇所に少量の抗炎症剤を注射する方法です。
 
下写真は、この患者さんの注射後3日目です。発赤腫脹の改善とともに痛みは無くなったそうですgood
Img_4828
 
多くのケースでは、翌日には炎症症状(発赤腫脹)が改善します。
 
その後は様子を見るなり、切除するなり等、治療方針を患者さんと相談します。
 
海外では、炎症除去にはこの注射が常識のようです。
 
この他にも治療のオプションは色々あります。粉瘤腫でお困りの方は、ご相談下さい。
 
(院長)
 
*すでに重症のため注射で治療できないケースもあります。特に、二次感染(細菌感染)を起こしている場合は手術が必要です。
 

2017年1月20日 (金)

切らない感染性粉瘤(ふんりゅう)治療

感染性粉瘤というのは、下写真のように粉瘤(腫)が赤く腫れた状態です。
 
ほとんどのケースでは切開排膿(切って膿をだす)をされますshockそれもいいんですが・・coldsweats01
Img_1951_2
 
粉瘤とは、内部に角質と皮脂を混じた物質(要するに垢のこと)を入れた嚢腫(袋状の腫瘍)です。
 
感染性粉瘤と言いますが、実は細菌感染とは関係がないと考えられています。よって、抗生物質の単独投与では効果がありません。
 
嚢腫が破れて起こった炎症が、感染の様に見えているだけのようです。
  
ですから、抗炎症剤の嚢腫内注入(要するに注射)で、ほとんどのケースが1週間以内に赤みも腫れも消失してしまいますhappy02good
 
粉瘤が腫れて痛いが、切りたくない方は是非ご相談くださいwink
 
(院長)
 
*あまりに腫れていたり、細菌感染がすでに起こっている方は、切開排膿が必要になることがあります。
 
 
 

2015年1月14日 (水)

感染性粉瘤(アテローマ)

休み明けから粉瘤腫(アテローマ)がはれて(感染性粉瘤)受診される患者さんがやたらと多かったですね(下写真)coldsweats02昨日などは、1日で4人も切開排膿(切って膿を出すこと)をしました。
Img_4455_3 
餅を食べると、粉瘤腫が腫れるというのは本当なのでしょうか?smile確かに全員餅食って急激に悪化している・・coldsweats01
 
粉瘤腫は、腫れる前なら手術で切除できますが、一旦赤く腫れてしまうと、まずは感染治療になります。切開排膿をして抗生剤の内服をしなければなりません。
 
この切開排膿は、後に行う腫瘍摘出に有利なように行う必要があります。適当に切ってはいけません。特に、十字切開などは厳禁ですねban
 
背中、お尻、耳などは粉瘤腫の好発部位です。これらの部分が腫れて痛くなったら感染性粉瘤かもしれませんね。
 
(院長)
 
*粉瘤腫(アテローマ)の過去のブログ
 

2014年12月11日 (木)

粉瘤腫(ふんりゅうしゅ、アテローマ)のくり抜き法

この前の週末は、結構雪snowがふりましたね。本格的な冬の到来です。
Img_4527
 
院内のトーマスマックナイトの絵もクリスマスバージョンxmasホワイトハウスレッドルーム』にかけ換えましたhappy01今年もあと1ヶ月をきりましたね〜happy01
Img_4535
 
9669_xl
 
ところで、何故か粉瘤腫(ふんりゅうしゅ、アテローマ、表皮のう腫)の患者さんが急増していますup多い日で1日3〜4例の患者さんを手術しています。昨日水曜日も、日赤で1例行いました。
 
過去のブログ;アテローマ(粉瘤腫)
 
当院の粉瘤腫の手術は、基本的にくり抜き法(へそ抜き法)です。手術時間は5〜10分程度ですので、外来が空いている時間帯であれば即手術となりますが、基本的には後日に予約手術となります。
 
この治療の最大の利点は、術創が小さくて済むことですね。欠点は、取り残しをしないために多少技術を要することです。
 
大きな首の粉瘤腫ですねcoldsweats01
Img_0221
  
手術翌日の術創です。小ちゃいキズでしょhappy02半年もすると直径1〜2mmのキズとなってほとんどわからなくなります。
Img_2628
 
ただし、くり抜き法が不可能なものもあります。術前に超音波検査をして手術の可否を判断します。
 
また、もう既に感染を起こして赤く腫れている場合(下写真)は、くり抜き法はできませんcryingこの場合は、即日に切開排膿(切って膿をだすこと)をします。
Img_1951_2
 
手術のキズをできるだけ小さくしたいのであればくり抜き法は最適ですねgood気になる方は受診してくださいねwink
 
(院長)
 
  

2014年1月22日 (水)

忙しい休診日

毎週水曜日は休診日ですが、ゆっくり自宅で休息なんてことはほとんどありませんcrying今日も、いつも通りの忙しい日でしたねsweat01 

1件目は、朝9時からの、長径5cm程度のアテローマ粉瘤、下写真の赤い点線の部分)のくり抜き法です。
 
くり抜く開口部(下写真の→)が下に偏っていてちょっと厄介ですねcoldsweats01こういう場合は、上の部分の腫瘍の周辺に麻酔液をゆっくり注入してhydrodissectionするのがこつですねwink
Img_0454_3
  
トレパンで孔をあけて、中身とふくろ(嚢胞)を取り出しますhappy01hydrodissectionのおかげて、ふくろがつるんsign01ととれましたgood
Img_0457
 
直径5mmの傷口は、縫わなくても勝手に閉じますが、今回は縫いました。5mmの孔から5cm程度の腫瘍を取り出す皮膚外科テクニックです。すごいでしょwink
Img_0462_2
 
2、3件目は巻き爪ワイヤー法でした。
 
写真は、2件目の患者さんです。結構巻いてますね〜coldsweats01爪に孔をあけてワイヤーを通します。この患者さんは、写真の→の当たりに孔をあけました。
Img_0464_2
 
この手技の重要ポイントは、①いかに爪先端から離れて孔をあけるかと、②孔の角度を調節して削り、皮膚にワイヤーが食い込まないようにするの2点ではないかと思っていますgood一見簡単なようですが、下写真のようにワイヤーを入れるのは結構熟練の技secretが必要なんですよconfident
Img_0476
 
 
4件目は、首の白斑の1mm植皮でした。1年以上エキシマライト光線療法を行われている方で、かつ希望者に行っています。
Img_0490
 
植皮生着率をあげるためのある作業中secretですhappy01これ以外にも教科書には載っていないsecretテクニックを使用しないと生着率はあがりませんwink
Img_0491
 
計33個植皮しました。目eyeがメチャ疲れました。詳しくは、過去のブログを参照してくださいwink
Img_0494
 
その後昼からニキビと血管腫のVビーム・レーザー治療2件とシミのレーザー治療が2件あり、終了後は休む間もなく福井赤十字病院のカンファレンスに参加しました。
 
以上、今日1日の作業をまとめてみました。水曜日は、師長と2人でやっていますhappy012人とも、今日1日よく働いたな〜happy01
 
(院長)
 
 
apple今回のブログのように、休診日や診療日の昼休憩や診療終了後などに手術やレーザーを行っています。限界まで予約を入れていますが、予約は2ヶ月以上待ちになっています。早期の治療を希望される方は、私が信頼している皮膚外科や形成外科の先生に紹介させて頂くことがあります。ご了承ください。
 

2013年4月17日 (水)

粉瘤のメスによる手術

当院の手術の中で、黒子(ほくろ)に次いで多いのが粉瘤(ふんりゅう、or アテローマ、表皮嚢腫)です。
 
粉瘤の手術は大きく二つに分けられます。①くり抜き法 ②メスによる切除です。
 
くり抜き法は以前のブログ(http://clinic-n.mitelog.jp/blog/cat7205167/を参照してください。くり抜き法は、術創が小さくてよいのですが、腫瘍が大き過ぎるものや、腫瘍と皮下組織の癒着が強いものは不適です。
 
今回は、メスによる切除をご紹介します。
 
こんな大きな粉瘤coldsweats02は、くり抜き法では無理です。できないことはないんですが、取り残しや腫瘍が破けるリスクが高すぎます。
Img_3563
 
メスで切除しました。しかし、デカイ!coldsweats02皮膚をこのように紡錘形に切って腫瘍を切除します。この方は、首のシワの湾曲に合わせてやや三日月状に皮膚を切除しています(→)。
Img_3567_2
 
Img_3565
 
こんな手術も、昼休みにレーザー治療と一緒にやっています。休み時間が30分くらいしかないと、ほとんど休み無しで午後診に突入ですねcrying
 
昨日、術後1ヶ月目の受診をされました。術創が、首のシワの湾曲によく合っているでしょ(→)wink数ヶ月後には、シワに馴染んでもっと綺麗になっていることでしょう。
Img_0022_2
 
メスによる切除術でも、できるかぎりキズが目立たないように工夫しています。①くり抜き法 ②メスによる切除の選択は、腫瘍の部位や大きさ、超音波検査の結果などで患者さん毎に判断して行っています。
 
(院長)
 

2010年12月 6日 (月)

くりぬき法2〜恐怖のErb's point〜

3日1回くらいは皮下腫瘍(粉瘤腫や脂肪腫など)を手術しており、そのうちの半数はくりぬき法ですねhappy01
今回の症例も頚部の粉瘤腫で、くりぬき法を行います。
Img_4243

いつものように、くり抜き法で20分以内に終了するぞ!と思いきや、今回はやや慎重にならざるおえませんcoldsweats01 なぜなら恐怖のErb's pointが近くにあるからですshock  これは、教科書の写真ですが、胸鎖乳突筋中間(Erb's point)あたりから下斜めにspinal accessory nerve(副神経)がむき出しになって走っています。これに触ると腕があがらなくなりますng まじでcoldsweats02
Img_0496_2

これを知らない皮膚科医が、手術後に患者さんの腕があがらなくなり訴訟になったケースもありますweep 日本の教科書にはあまり書いていません。あまり誰も教えてくれません。みなさん!気をつけましょう。

消毒&局所麻酔後に、いつものように4mmトレパンで穴をあけます。
Img_4244

次に中身を絞り出します。
Img_4245_2

腫瘍の袋も絞り出されました。できるだけまわりの組織に触れないように袋を取り出します。慎重に!
Img_4246_3

Img_4247

最後は縫合して軟膏をぬって終了です。縫わなくてもいいんですが、今回も縫った方がきれいになりそうで縫いました。腕の麻痺が無いかチェックすることも大切です。でも、結局15分程度で終わっちゃいましたsmile
Img_4248_3

簡単そうに見えて、結構落とし穴があるのが臨床です。粉瘤腫や脂肪腫などの皮下のできものには経験が豊富ですので、心配な方や手術を希望される方は是非受診してくださいねhappy01
(院長)

粉瘤腫(アテローマ、epidermal cyst)とは?
http://www.dermatol.or.jp/qa/qa17/index.html

〠918-8105 福井県福井市木田3丁目2605 
にしむら皮フ科クリニックのホームページ

2010年9月18日 (土)

くりぬき法1〜粉瘤腫〜

昨日(9/17)は4件の手術を行いました。頭部の表皮母斑の炭酸ガスレーザー治療が1件、顔面の色素性母斑(ほくろ)のくりぬき術炭酸ガスレーザー治療の2件、左鎖骨部の表皮嚢腫のくりぬき術が1件です。

その中で、表皮嚢腫(粉瘤、アテローマ)のくりぬき法を紹介します。皮膚外科特有の手技で、4mmの穴から倍以上の大きさのできものを取り出します。

左鎖骨部の1.5cm程度の表皮嚢腫です。
Img_3546_8

局所麻酔後にトレパンで4mmの穴をあけます。何故か3mmではうまくいかないんです。
Img_3551_2

次に腫瘤をつまみ、一気に中身を押し出します。4mmの穴から、1cm以上のできもが排出されました。
Img_3553_9

取り残しがないか、肉眼的に十分に確認します。取り残しがあると再発しますからね。穴はこのままでも自然に閉じますが、このケースでは縫合した方がきれいですね。
Img_3554_3

縫合した直後の写真です。以上20分程度の手術でした。
Img_3560_2

数ヶ月もすると、ほとんどわからない傷になっているでしょう。最後に病理検査を行い、嚢腫壁が完全に摘出されていることを顕微鏡的に確認することが大切です。高齢者の場合は、まれに癌化していることもありそのチェックも必要です。

昼休みを利用して手術をしているため、外来の多い日は休み時間なしですね。しかし、何故か手術は疲れませんね。
(院長)

 

粉瘤腫(アテローマ、epidermal cyst)とは?
http://www.dermatol.or.jp/qa/qa17/index.html

 

にしむら皮フ科クリニックのホームページ

カテゴリ

カウンター

  • アクセスカウンター