カテゴリ「Clinic N かわら版」の70件の記事 Feed

2018年8月27日 (月)

9月の土曜午前診療の応援医師

土曜日の午前診は、応援医師による2診体制で行っています。
 
9月の土曜日午前診の応援医師は以下の通りです。
 
9月 1日   滝本医師(女性医師)
9月 8日 大岩医師
9月15日   要石医師
9月22日 八木医師
9月29日 登谷医師(女性医師)
 
(院長)
  

2018年7月26日 (木)

8月の土曜日診療の応援医師

土曜日の午前診は、応援医師による2診体制で行っています。
 
8月の土曜日午前診の応援医師は以下の通りです。
 
8月 4日   登谷医師(女性医師)、八木医師
8月18日 滝本医師(女性医師)
8月25日   大岩医師
 
danger
8月 4日(土)は、第36回 日本美容皮膚科学会(東京)で発表のため院長の診察はありません。代診医師2名で診察をいたします。
 
(院長) 
 

2018年6月26日 (火)

7月の土曜日診療の応援医師

土曜日の午前診は、応援医師による2診体制で行っています。
 
7月の土曜日午前診の応援医師は以下の通りです。
 
7月 7日   滝本医師(女性医師)
7月14日 登谷医師(女性医師)
7月21日   八木医師
7月28日 岡田医師(女性医師)
 
 
danger以下の土曜日の診療は、下記事情により院長の診察を制限させていただきます。
 
6月30日:香川県女性医師ざ瘡講演会(香川県)で講演のため、院長の診察は12時30分まで。
 
7月  7日:第34回 日本皮膚悪性腫瘍学会(静岡)に出席のため院長の診察は10時50分まで。
 
8月  4日:第36回 日本美容皮膚科学会(東京)で発表のため院長の診察はありません。
 
代診医師を立てておりますので、診療自体には変更はありません。
 
(院長)
 
 

2018年5月30日 (水)

6月の土曜日診療の応援医師

土曜日の午前診は、応援医師による2診体制で行っています。
 
6月の土曜日午前診の応援医師は以下の通りです。
 
6月 2日   臨時休診
6月 9日 岡田医師(女性医師)
6月16日   八木医師
6月23日 登谷医師(女性医師)
6月30日 八木医師
 
(院長)
 
6月1日(金)、6月2日(土)は日本皮膚科学会総会のため臨時休診でさせていただきます。
 
 

2018年4月24日 (火)

5月の土曜日診療の応援医師

土曜日の午前診は、応援医師による2診体制で行っています。
 
5月の土曜日午前診の応援医師は以下の通りです。
 
5月 5日   こどもの日
5月12日   八木医師
5月19日 大岩医師
5月26日 滝本医師(女性医師)
 
(院長)
 
4月28日(土)は臨時休診です。ご注意下さい。
(臨時休診日は、2か月前より院内及びホームページ等で告知しております。)
 

2018年3月28日 (水)

4月の土曜日診療の応援医師

土曜日の午前診は、応援医師による2診体制で行っています。
 
4月の土曜日午前診の応援医師は以下の通りです。
 
4月 7日   八木医師
4月14日 登谷医師(女性医師)
4月21日 藤田医師
4月28日   臨時休診
 
(院長)
 

2018年3月11日 (日)

ニキビ治療のWEB講演会

皮膚科専門医でも、ニキビ治療において抗生物質のみの処方がまだまだ多いらしいcoldsweats01
 
通院をしたくなく、即効性のみを要求する患者さんが多いのもその原因の一つではありますが・・crying
 
しかし、耐性菌問題萎縮性瘢痕(治せないニキビ痕)の予防という観点から過酸化ベンゾイル製剤(ベピオ、デュアック等)アダパレン製剤(ディフェリン等)を積極的に使うことが世界的な潮流です。
 
少なくとも皮膚科専門医は、これらの薬剤を積極的に使わないといけません。
 
うまく使えば、抗生物質なんかよりもずーっときれいになりますからgood肌質も改善しますしねwink
 
さて来月、WEBライブセミナーを行います。詳しくは、マルホのホームページをご覧ください。
20180411maruho
 (医師向けのセミナーで、一般の方は受講できません。)
 
過酸化ベンゾイル製剤の副作用を抑えながら効果的に使用する方法を解説します。
 
特に、「過酸化ベンゾイル製剤の長期低用量療法(仮)」の内容を充実させる予定ですhappy02 
  
安易な抗生物質のみの治療は、耐性菌を発生させてニキビが治りにくくなり、徐々に萎縮性瘢痕(治せないニキビ痕)が増えていきます。
 
市販薬による自己治療も同じです。
 
萎縮性瘢痕になってしまってから受診される方が結構多いのですが、時既に遅しなのですweep
 
医師だけでなく、一般の方への啓蒙もこれからはもっと必要ですね。
 
(院長)
 
 
*急性期治療で抗生物質を投与することは問題ありません。また、抗生物質でしか治療できない方がおられるのも事実です。しかし、全体としての処方の中心は、過酸化ベンゾイル製剤やアダパレン製剤であるべきです。
 
 

2018年3月 4日 (日)

3月土曜日の応援医師

前回お知らせした3月土曜日の応援医師について変更があったため再掲します。3月10日は通常通り医師2診体制で行います。
 
土曜日の午前診は、応援医師による2診体制で行っています。
 
3月の土曜日午前診の応援医師は以下の通りです。
 
3月   3日    登谷医師(女性医師)
3月  10日 応援医師なし登谷医師(女性医師)
3月  17日 藤田医師
3月  24日   山下医師(女性医師)
3月  31日   八木医師
   
3月10日は、医師1人のため混雑が予想されます。3月10日は通常通り医師2診体制で行います。
 
(院長)
 

2018年2月24日 (土)

3月土曜日の応援医師

土曜日の午前診は、応援医師による2診体制で行っています。
 
3月の土曜日午前診の応援医師は以下の通りです。
 
3月   3日    登谷医師(女性医師)
3月  10日 応援医師なし
3月  17日 藤田医師
3月  24日   山下医師(女性医師)
3月  31日   八木医師
   
3月10日は、医師1人のため混雑が予想されます。
 
(院長)
 

2018年2月12日 (月)

福井豪雪

今年の豪雪snowには参りましたねwobbly当院のある木田地区は除雪が間に合っておらず、悪路のためにあちこちで車carがスタックしていましたshock
Img_2521
 
私は、連日の除雪作業でクタクタになりましたwobbly
 
このような悪路にもかかわらず、先週の土曜日は120人以上の患者さんが受診されました。遠方からわざわざ歩いて来られた方も居られ頭が下がる思いです。
 
今週から通常の診療体制となります。Web受付も再開致します。しかし、週前半はまだ積雪が増えるようです。
 
呉々もお気をつけてご来院ください。
 
(院長)
 

カテゴリ

カウンター

  • アクセスカウンター