カテゴリ「ニキビ(にきび、尋常性ざそう)」の32件の記事 Feed

2016年3月15日 (火)

にきびの新治療戦略2

以前このブログで、過酸化ベンゾイル(デュアック配合ゲルとベピオゲル)とディフェリンゲルの併用療法についてお話をしましたhappy01
 
過去のブログにきびの新治療戦略
 
簡単にまとめると、過酸化ベンゾイルを先行使用して即効性を期待し、その後ディフェリンを追加して相乗効果を狙い、赤にきびが出なくなる3ヶ月以降にディフェリン単独維持療法に持ち込むというものです。
 
今回は、症例を提示して具体的にお話をしたいと思います。
 
1)まず最初に、即効性のある過酸化ベンゾイルを先行使用します。大体2〜4週間程度。
P
 
この症例は、過酸化ベンゾイルとしてデュアック配合ゲルを使用しています。
Images_5
 
最初の1−2週間は、副作用を考慮した使用量の調節が大切です。詳しくは、またの機会にwink
 
軽症の場合は、これだけでも治癒しますので、その後は維持療法に持ち込むか、そのまま終了しても良いでしようgood
 
 
2)問題は、中等症以上のざ瘡瘢痕(にきび跡)を残しそうなタイプです。私は、積極的にディフェリンゲルを併用します。
 
デュアック配合ゲルを外用して1ヶ月もすると、炎症性ざ瘡(赤く膨れたにきび)は無くなってきます(下写真)。
2
 
この辺りからディフェリンゲルの併用開始です。
Images_5
     +
Dfr_gel_3
 
なぜ最初から併用しないのかというと、副作用が強いからです。使用時期をずらすと副作用をかなり低減できますgood
 
 
3)そして、新生ざ瘡(新しいにきび)が殆ど出なくなってきた頃に、ディフェリンゲル単独の維持療法に入ります。
 
下写真は、併用療法4ヶ月目ですが、にきび跡もかなり改善していますgoodここまで来れば過酸化ベンゾイルは中止か屯用程度にします
Photo_3
 
この頃に、まだ赤いにきび跡(PAE; post-acne erythema)が残っているようなら、Vビーム(ダイレーザー)を照射するとさらに綺麗になりますねgood
 
 
danger注)Vビームは、当院に真面目に4ヶ月以上(維持期まで)通院されているが、効果が不十分であったニキビ跡患者さんで、かつ当院医師が必要と認めた方のみに行います。
 
 
以上の他にも幾つかのバリエーションがありますが、これが当院のベーシックな治療法です。
 
(院長)
  
*以上は平均的な治療経過です。全ての症例が同じ経過を辿るわけではありません。 
*ガイドライン作成委員の谷岡先生は、掌で2種類(ディフェリンとベピオ)を混ぜて夜に一遍に塗るそうです。私は、全く違った方法で塗りますsecret
*写真掲載は、患者さんの承諾を頂いております。
 
 

2016年1月21日 (木)

にきび治療のWEB講演会

昨日は、ニキビ治療のWEB講演会でした。
Img_6672
 
福井のWEBスタジオから全国にインターネットで配信されました。こん感じで配信されていたようです。
Img_6669
 
実は、スライドがkeynoteからPDFに変換されていたため、いつもと違う動きのスライドとなり、非常にしゃべり辛かったですcrying
 
スライドが変わるたびに頭が真っ白になり、「え〜、え〜」の連発でしたcoldsweats01内容がうまく伝わったかなぁcoldsweats01
 
実際の撮影現場は、かなり殺風景ですねsmileこんな中で、50分間もパソコンに向かって喋り続けるのは尋常ではありませんshock
Img_6665
 
しかし、こういう形の講演会は今後増えていきそうですね。演者も聴衆も会場に出かけていく必要がないのですから。
 
とにかく、終わってホッとしましたhappy01
 
(院長)
 
 
 

2015年12月27日 (日)

にきびの新治療戦略

先日、長野の講演京都の学会発表が終了したばかりですが、新年早々の1月20日にもガルデルマ株式会社主催のweb講演会で講演します。
 
にきび治療に興味のある皮膚科医の方は、是非ご覧くださいhappy01
 
最近まですっかり忘れてた〜shockshock大慌てで準備中ですsweat01
 
今年は、にきび治療過酸化ベンゾイル(以下BPO)という新たな薬剤が2剤加わりました。ベピオゲルデュアック配合ゲルです。
Pep3_3
 
Images_5
  
従来からの治療薬、特にレチノイド製剤ディフェリンゲル(以下ディフェリン)と、どのように組み合わせていけば良いかが今後の課題ですねwink
Dfr_gel_2
  
では、そのことに関しての私の考えを少しだけ披露しましょうhappy01(医療従事者向けで、やや高度ですがご容赦くださいcoldsweats01
 
下グラフは、ディフェリンBPOにおける赤いにきびの皮疹減少率(どれだけ治ったか)を比較したものです。縦軸はにきびの減少率を示します。
 
ディフェリンに比べ、BPOの方が赤いにきびには効果が早く出ますが、1年後にはディフェリンが追いつきます。
001_2
下グラフは、白にきびの皮疹減少率です。赤にきびと違い、ディフェリンの方が効果の発現が早く、長期的に見てもディフェリンが勝っています。
 
白にきびにきびの元ですので、長期維持療法にはディフェリンの方が勝っている考えます。
002_2
以上のことから、現在私が考えている組み合わせのパターンの1つは、
 
BPOを先行使用して即効性を期待し、その後ディフェリンを追加して相乗効果を狙い、赤にきびが出なくなる3ヶ月以降にディフェリン単独維持療法に持ち込むというものですgood
 
中等症以上、特に重症ざ瘡に凄く有効ですsign03
 
これ以上の詳細は、Web講演会でしゃべります。乞うご期待!wink
 
(院長)
  
*過酸化ベンゾイルを加えた新しいガイドラインが未だ発表されていませんので、上述の治療法は、現在のところの私の提案です。
 
12/30(水)から1/6(水)までは年末年始のためお休みとなります。診療は1/7(木)より開始致します。
 
 
 

2015年10月 3日 (土)

にきび治療の戦略 

今週の水曜日は、ポーラファルマの社内勉強会の講師としてよばれ、30分程度の講演をして来ました。
Img_6110
 
ポーラファルマからは、今年7月にざ瘡(にきび)治療薬デュアック配合ゲル(過酸化ベンゾイル+クリンダマシン)が発売されています。
Photo
 
今年は、デュアック配合ゲルベピオゲルという2つの過酸化ベンゾイル薬が発売になりましたgood
 
使用してみてわかったことは、ディフェリンゲルに比べて副作用が少なく効果の発現が早いということです。要するに、使い易くて効果が早いsign01いいですね〜これhappy01
 
しかし半年使用してみると、初期の急速な改善が徐々に鈍って来て、4ヶ月くらい使用するとディフェリンゲルの方がよいのでは?と思えるようになってきました。ディフェリンゲルの方がツルッとした綺麗な肌shineになるなぁ〜とhappy01
  
下グラフはディフェリンゲル過酸化ベンゾイル(ベピオゲル)の長期効果(約1年間の皮疹減少数)を示したものです。
 
ディフェリンゲルは、炎症性皮疹(赤にきび:ピンクの線)より非炎症性皮疹(白にきび:灰色の線)の改善に優れているのがわかります。さらに、1年を通じて改善し続けているのがいいですねhappy01

2
 
過酸化ベンゾイルは、炎症性皮疹(赤にきび)の改善が良いのがわかりますね(赤色の線)。しかし16週位でプラトーになり、32週以降はむしろ悪化?しているようにも見えますshock
3
下グラフは、上2つのグラフを重ねあわせたものです。臨床現場で感じていたことがよくわかりますよwink
 
1年を通して見ると、炎症皮疹(赤にきび)減少数は変わりませんが、過酸化ベンゾイルの方がディフェリンゲルより赤にきびの早期の改善が見られます(ピンクの矢印)。しかし白にきびの改善は、ディフェリンゲルの方が早期に現れ、かつ長期に持続しています(灰色の矢印)。
6001
 
さらに、ディフェリンゲルには赤いにきび痕(post-acne erythema)を改善させる作用もありますので、プロアクティブ療法を含めた長期使用は今のところディフェリンゲルの方がよいのではないかと考えていますhappy01
 
  
以上のことからざ瘡(にきび)治療の戦略(薬の組み合わせとその時期など)がわかってきました。より早期に、より綺麗に、より長期に効果を持続させる方法が・・wink
 
講演ではこんな話をしました。
 
(院長)
 
*以上の内容は、現時点での私の個人的な意見です。
*過酸化ベンゾイルにもにきび痕(post-acne erythema)を改善させる効果があるのではないかとされていますが、ディフェリンゲルほどではないと思っています。
 
 

2015年9月14日 (月)

B-POTフォーラム

昨日は、東京で開催されたB-POTフォーラムに出席してきました。
 
この会は、全国からニキビ治療の専門家が20人程度集まり、講演と討論を通じて最新のニキビ治療の情報を共有する場です。
Img_6060
 
出席メンバーを見ても、ニキビ治療では有名な方ばかりで、ディスカッションの内容もかなり高度なものでした。
 
今のところ内容は非公開ですが、会のメンバーを通じて学会等で全国に広められて行くものと思われます。
 
帰りはいつもの北陸新幹線に乗って帰って来ました。早く福井まで開通してほしいものです。
 
(院長)
 
 

2015年6月29日 (月)

新しいニキビ治療のその後の経過

今年の4月よりベピオゲルという新しいニキビ治療薬が出ました。
 
最初は、副作用の皮膚刺激症状に悩まされましたが、次第に対処のコツがつかめてきたため、副作用は激減してきていますhappy01
Bpo
 
ヒリヒリや乾燥といった皮膚刺激症状は結構ありますが、従来の治療薬に比べて効果は即効ですhappy02
  
今後は、ディフェリンゲルとの併用をどのようにしていくのかを考えなければなりませんconfident
 
なにしろ、日本で発売されて3ヶ月程度ですので、私も含めてどの医師も極めて経験が不足していますcoldsweats02
 
治療方法がほぼ確立したらまた報告しますねwink
 
 
さらに、今月中旬より開始しているクリアタッチSというニキビの光治療器shineの経過です。
Img_5397
 
使用条件をディフェリンゲルベピオゲル(もちろん抗生物質も併用して)で効果が乏しかった頤部(おとがいぶ)周辺のニキビという極めて高いハードルにして治療を開始しましたcoldsweats01
 
標準治療で治るニキビに効果があったとしても、この高額な機械を購入する判断材料にはならないからですthink
 
現在、10人程度の方に1〜2回行ったのですが、ほぼ全員にかなり効果がでています。驚きですcoldsweats02
 
結果がでれば、その効果を学会等で報告したいと考えていますwink
 
(院長)
 
danger来月の土曜日の応援医師は、近日中にブログでお知らせします。ただ7月4日(土)は、応援医師が学会参加で不在のため、院長一人の診察となります。かなりの混雑予想されますが、ご了承ください。
 
 
 

2015年6月10日 (水)

クリアタッチS 〜にきびの光治療〜

この前の総会で、JMEC(ジェイメック)社からデモの依頼があったクリアタッチSという機械が本日きましたhappy01
Img_5321
 
にきび光治療器です。理論的には、にきび菌が産生するポルフィリンに・・・、とややこしい理論やめにしよう。とにかくよく効くらしいです。
 
フラッシュランプshineによる光はかなり強烈ですね。しかし、痛くもかゆくもありません。少し暖かいだけですhappy01
Img_5397
 
まずは、従来の治療で効果が乏しい方から治療を開始していきたいと思います。ただし、初診の方や当院での治療がまだ不十分な方には行いません。
 
効果がよければ、当院の治療ラインナップに入れたいと思います。結果はそのうち報告しますねwink
 
(院長)
*この治療器は、保険治療の機器として承認されていますが、少なくともデモ期間中は、無料で治療を提供する予定です。ただし、医師が適応と判断した方のみ行います。
 
 
 

2015年6月 1日 (月)

第114回 日本皮膚科学会総会

第114回日本皮膚科学会総会より昨日帰ってきました。疲れましたが、大変勉強になりましたhappy01
 
年に1回の皮膚科最大の学会であり、全国から大勢の皮膚科医が集合します。今年は横浜でありました。会場は、横浜パシフィコ会議センターです。
Img_5277
 
私の講演は、土曜日のイブニングセミナー21でした。お弁当が配られて、食事をしながら聴講するセミナーなんですhappy01
 
ガラガラだったらどうしようか?なんて講師控え室で言ってたんですが、スタッフから「お弁当全部無くなりました」と聞いて一安心coldsweats01
 
谷岡先生のアカデミックな最新のにきび治療の話に続いて、私は当院でのにきび治療のポイントを解説しました。先生方のこれからの診療に役立ったかなぁhappy01
Img_5305
 
今年は、主ににきび治療関連の講演を聴きました。特に、今年4月に発売されたベピオゲルの使い方を学ぶことが第1の目的だったので参考になりましたhappy02
 
ベピオゲルは、副作用等で予想以上に使い方が難しい印象です。しかし、効果は速攻です。使い方をマスターすればにきび治療における強力な武器になりますねgood
 
そのほかに、企業展示ブースも見てきました。これは、JMEC(ジェイメック)社のブースです。
Img_5291
 
当院は、ここのVTRACというエキシマライトの紫外線照射器を持っています。よく、色々な方からどの社のエキシマライトが良いですか?と尋ねられるんですが、今のところこいつが断トツと思っています。ただ、値段も断トツですが・・coldsweats01
Img_5292
 
ところで、このJMEC社よりにきびに凄く効くというので試して欲しいとデモ依頼がありました。クリアタッチと言います(下写真)。にきびの方で希望があれば試してみたいと思います。
Img_5290
 
また、福井赤十字病院にも、ここのQスイッチルビーレーザーの最高峰ザ・ルビーZ−1shineが入る予定ですgood
 
次に、シネロンキャンデラ社のブースにも寄りました。この前のブログで紹介したQスイッチアレキサンドライトレーザーの最新機種アレックスshineが当院に導入されます。
Img_5283
 
ザ・ルビーZ−1アレックスⅡという、最高峰のQスイッチレーザーを存分に経験できるというのは贅沢ですねhappy02
 
今年は、これら2つのQレーザーと当院のVビームを使って、日赤と共同で本格的に痣やシミの治療(当院でも多少はおこなっているのですが)を開始する予定でいますhappy01
 
(院長)
 
 

2015年5月18日 (月)

東京での講演終了

シネロンキャンデラ社主催東京での講演を終えて昨日夜遅くに帰宅しました。1泊2日の東京出張は大変疲れましたねbearing
 
私の講演は、第1部で午後1番からでした。「ロングパルスダイレイザーのにきび・瘢痕への効果」という題名で30分程度の講演をしました。
Img_5190_2
 
事前にスライドの動作確認をさせてもらえなかったので不安でしたが、案の定スライドアニメーションが上手く作動してくれず大変困りましたbearing
Img_5186_3
 
2週間後には、日本皮膚科学会総会での講演がありますので、気持ちを切り替えて失敗のないようにしたいと思います。
 
帰りは、念願の北陸新幹線のグランクラスに乗りましたhappy02
Img_5205
 
Img_5210
 
車内はというと、飛行機のビジネスクラスより上を行く感じでしたねhappy01心地よくってあっという間に金沢に着いてしまいました。福井まで繋がったら凄く便利になりますねhappy01 
 
ところで今回の東京出張では、新しくできたという銀座のシネロンキャンデラ社のショールームにも行ってきました。 
Img_5162
 
バーwineまでありますね。私は、お酒が飲めないのでアイスコーヒーをもらいましたcoldsweats01
Img_5163
 
ずらりとレーザーが並んでいます。これら8台のレーザーのうち、5台は当院にもありますhappy01
Img_5161
 
それで今回、さらにもう一台を当院に導入することにしました。下写真の手前の緑色の機械です。Alex Ⅱ(アレックス2)と言います。写真奥にあるAlex Ⅰ(アレックス1)の後継機種です。
Img_5165
 
Alex Ⅰは今後も活躍してもらいますが、より性能がアップしたAlex Ⅱで色素性病変(シミやアザなど)の治療がより進化するものと思われますgood乞うご期待wink
 
(院長)
 
 
 

2015年4月 3日 (金)

新薬続々

4月cherryblossomになり急に暖かくなりましたねsun
Img_5030
 
以前にもお伝えした通り、4月1日からニキビ治療薬ベピオゲルが発売されました。本日も数名処方しましたよ。効果が楽しみですhappy01
Bpo
 
5月からは、新たにこのベピオゲルの主成分過酸化ベンゾイル+抗生物質クリンダマイシンの合剤が新発売となりますgoodこれも効きそうですね〜happy02
Photo
  
 
さらにもう1つ。ようやく男性型脱毛症(AGA)治療薬のプロペシアのジェネリックが日本でも発売となりました。値段がかなり安くなりそうですねhappy01製造販売がファイザー製薬ですので、効果は間違いないでしょう。
Img03
 
  
在庫のプロペシアな無くなり次第、希望者にはジェネリックに変更していきたいと思います。 
 
最近知ったのですが、当院でのプロペシアの処方量は福井県でNo1shineだそうです。効果が出なかった方はほとんどいません。その秘訣は・・。secret
 
続々と新しい治療薬が出てきて非常に楽しみですねwink
 
(院長)
 
apple4月の土曜日午前診療の福井赤十字病院皮膚科からの応援医師
4月4日(土) :藤田先生
4月11日(土):横田先生
4月25日(土):藤田先生
以上の土曜日は、院長との2診体制となります。5月の担当医師は決まり次第ご報告します。
 
 
 

カテゴリ

カウンター

  • アクセスカウンター