カテゴリ「院長日記」の287件の記事 Feed

2017年11月16日 (木)

金沢でにきび治療の講演

昨日は、金沢市医師会主催の学術研修会でにきび治療の講演をしてきました。
 
題は、「新ガイドラインに基づいた急性炎症期の痤瘡治療戦略」です。
Img_2052 Img_2053
 
急性炎症期とは、要するに赤く腫れたにきびの時期です。発症から約3ヶ月ほどです。
 
この時期ににきびを放置すると、その8.2%は治らないにきび跡(ざ瘡瘢痕)になるという報告があります[1]shock
 
よってこの時期には、出来るだけ早くにきびを治してざ瘡瘢痕を残さないようにすることが大切です。
  
今年改訂された新ガイドラインに沿って、当院の急性炎症期のざ瘡治療戦略をお話ししましたhappy01 
 
これで今年は、あと1つの講演を残すのみとなりました。ラストスパートで頑張りますgood
 
 
(参考文献)
[1] Do TT et al:JAAD,58,603-608 (2008)
 
(院長)
 
 

2017年11月 4日 (土)

当院の尋常性白斑(はくはん)治療

当院の尋常性白斑治療は、治療機器の新規導入が次々に行われ、ここ数年で格段の進歩を遂げていますgood
 
しかし、ホームページの改訂が進んでいないため、暫時ここで紹介したいと思います。
 
まず、尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)とは何でしょうか?
 
尋常性白斑は、下写真のように皮膚のメラニンを作る細胞(色素細胞)が減少・消失して皮膚が白くなる後天性の病気です。
Img_4833
 
英語で、Vitiligo(ヴィティライゴ)といいます。
治療方法には、①外用療法、②紫外線療法、③レーザー治療、④植皮術があります。
  
 
[①外用療法]
 
塩化カプロニウム、ステロイド、タクロリムス、ビタミンD3などの外用剤があります。しかし、外用剤のみで治癒するケースは稀であり、次の紫外線療法を併用することがほとんどです。
  
 
[②紫外線療法]
 
紫外線療法は、この疾患に対して最も効果的な治療法です。使用する紫外線には2種類あり、波長が308nmのエキシマライトと、311nmのナローバンドUVBです。
  
 
(ナローバンドUVB)
 
当院では、全身照射型ナローバンドUVBとしてダブリン3シリーズを所有しています。
001
 
TL-01型ナローバンドUVB電球flairが48本sign01と、国内最強スペックを誇ります。全身に広範囲に広がる白斑には、最も効果的です。
 
当院では半身照射型の7シリーズも所有していますが、同じ照射量でも3シリーズの方が効果は高いです。おそらく、360度全方位からの高輝度照射ためと考えられます。
  
 
(エキシマライト)
 
もう一つの紫外線療法エキシマライトです。
 
当院では現在、2台のエキシマライト治療器が稼働しています。ヴィトラックエキシス308です。
001_2
 
ヴィトラックは、150mW/cm2という国内最強の輝度を持ち、最も効果が高い紫外線治療器とされています。
 
エキシス308は、100mW/cm2という2番目に強い輝度を持ちながら、ヴィトラックの欠点である紅斑と色素沈着が出にくいという利点があります。
 
このエキシス308shine石英アプリケーター(トリートメントチップ)は、異なる直径のものが3種類あり、口腔粘膜、目や耳介周囲、被髪部などの従来のものでは照射しずらい場所に有効です。 
 
顔面などの限局した病変や、ナローバンドUVBでは効果の出にくい部位の治療に使います。
Photo
 
ナローバンドUVBで効果がなくても、エキシマライト有効となるケースがあります。また、その逆もあります。
 
さらに難治例では、エキシマライトナローバンドUVBの同時照射で効果が得られるものもあります。
 
 
[③レーザー治療]
 
炭酸ガスフラクショナルレーザー(CO2RE:コア)thunderエキシマライトshineを交互に照射する治療方法です。紫外線療法単独では効果が乏しい症例に行います。
001
 
 
下動画のように、紫外線療法による毛包膨大部からのメラノサイトの表皮移行を、フラクショナラルレーザーが増強させるようです。
 
[④植皮術]
 
さらに、以上の治療法で効果がみられない症例には、希望があれば1mmミニ植皮を行っています。
2001
この植皮術の利点は、他の植皮術と違って採皮部(皮膚を採取するところ)の傷が残らず、治療後も日常生活の制限が少ないことです。
 
さらに、この植皮術にエキシマライトフラクショナルレーザーを組み合わせると、治療成績がグーンとあがりますgood 
 
 
上記①〜④の治療法は、しばしば組み合わせて行います。
 
様々な白斑患者さんにベストな治療法を提供するため、日々努力していますhappy01
 
(院長)
 
 

2017年10月23日 (月)

当選おめでとうございます。

昨日は台風typhoonによる暴風雨の吹き荒れる中、稲田朋美先生の選挙事務所に行ってきましたhappy02
 
心配しましたが、前回を上回る得票数で当選されました。おめでとうございます。
22687561_1519618048117534_168029331
 
福井の人はさすがです。ブレてない。
 
後ろのマスコミの方から、「万歳すると良い写真が撮れないからしないでね」と言われましたが思いっきりしましたwinkバンザーイbleah
 
福井県、日本のために頑張ってください。
 
(院長)
 

2017年10月19日 (木)

稲田朋美講演会

今日は、稲田朋美先生の講演会に行ってきました。
 
素晴らしい演説でしたheart04周りのおじちゃん、おばちゃん達の目がうるうるしていました。
Img_1973
 
色々な経験を経て、さらに強い政治家になられたようです。稲田朋美の復活を予感します。
 
そのためにも、今回の選挙は非常に大切です。 
 
誰がこの福井県を、そして日本を守ってくれるのか、真剣に考えて投票してほしい。
  
とにかくみなさん!投票に行きましょうねgood
 
(院長)
 
*ちなみに、比例区も自民党でねwink(師長)
 

2017年10月15日 (日)

御茶ノ水で光線療法の講演

今日は、御茶ノ水のソラシティ皮膚科光線療法推進の会が主宰する「光の応用セミナー」で講演をしてきましたhappy01
 
この会は、紫外線療法に特化した会員制のセミナーです。参加者は、日常診療で紫外線療法をよく行っている医師達です。
 
私の講演の題は、「難治性皮膚疾患を光線療法で治します。白斑への次の一手は」というものです。当院の尋常性白斑に対する紫外線療法を披露しました。
Img_1967
 
最初のスライドは、昨日のニキビ治療の講演と同じく越前海岸の写真からスタートです。
 
Img_1970
 
今回の講演では新たに、エキシマライトナローバンドUVBの同時照射の有効性などを述べました。
 
演者は全員、紫外線療法の専門家ばかりです。私も参加して大変勉強になりましたhappy02
 
個人的に興味深かったのは、1mmミニグラフトが保険請求できるということ、手指部白斑の植皮術の有用性、Afamelanotideの米国での臨床試験の話などです。
 
特に、Afamelanotideは以前に当ブログでも紹介したことがあり、早く日本でも使えるようになってほしい薬剤です。
 
 
現在、Afamelanotideの外用薬が開発中だそうです。大変楽しみhappy02
 
昨日は南大阪で今日は御茶ノ水と、目まぐるしい2日間でしたが、講演もうまくいって非常に楽しかったですhappy02
 
休みが全くありませんが、気合を入れて明日からの診療頑張りますgood
 
(院長)
 
 

2017年10月10日 (火)

ざ瘡瘢痕(ニキビ痕)対策にエピデュオ

最近のニキビ治療の話題は、エピデュオによるざ瘡瘢痕形成リスクの減少です。
Photo
 
要するにエピデュオは、ざ瘡瘢痕というニキビ痕(あと)を予防できるという話題ですhappy02
 
ざ瘡瘢痕とは、治療困難なニキビ痕(下写真)のことです。大きさで2つに分類することができます。
001_2
 
ざ瘡瘢痕を治す確実な方法はありません。なってしまったらほぼ治せないと考えた方が良いでしょうcrying
 
ですから、予防が非常に大切なんです
 
その予防効果において、唯一エビデンスがあるのがエピデュオです[1] 
 
まだ赤いニキビ痕PIE(post-inflammatory erythema)の段階であれば、エピデュオを使えばかなりの確率でニキビ痕を改善できます。
 
 
ニキビは、3ヶ月放置するとその8.2%治せないニキビ痕になるという報告があります[2] 
 
ニキビは、放置せずにできるだけ早期に医療機関を受診しましょうwink
 
(参考文献)
1)Dreno B, et al. JEADV. 31(4),737(2017)
2)Do TT et al:JAAD,58,603-608 (2008)
 
(院長)
 
 
*ざ瘡瘢痕予防効果としては、デュアックとディフェリンの併用療法(下写真)を過去に紹介しています。しかし、エピデュオの方がPIE治療に関しては効果が上です。有効成分はほぼ同じなのに不思議です。
 
Photo
 
*来年1月にエピデュオ発売1周年記念講演会があり登壇する予定です。エピデュオの効果的な使用方法やざ瘡瘢痕形成抑制について詳しく述べる予定です。
 

2017年10月 9日 (月)

京都で講演

先週末は、日本皮膚科学会中部支部学術大会で講演のために京都に出張でしたhappy01
 
宿泊したホテルから二条城がよく見えました。この近くに駿台予備校があり、よく通ったところで懐かしかったですhappy01
Img_1862
 
学会は、宝ヶ池の国立京都国際会議場で行われました。
Img_1865
 
私の講演は、日曜日12時20分からのランチョンセミナーです。
 
座席がほとんど埋まっていてホッとしましたhappy01ガラガラでの講演は辛いですからねcoldsweats01
 
私の講演は、いつも越前海岸の写真からスタートしますwink
Img_1883
 
Img_1882
 
スライドの最初の写真は、いつもダイビングをしている越前海岸壁石浜(かぶしはま)です。 
Img_5567
 
海の中はこんな感じですhappy02
 
講演の内容は、高輝度ターゲット型エキシマライトVTRACエキシス308を使用した難治性皮膚疾患治療についてです。
 
他社の機械では、絶対真似ができない使用方法を披露しましたgood
 
来週は、東京で別の紫外線治療器ダブリン3シリーズを使用した白斑治療の講演をします。
 
ダブリン3シリーズは、TL-01型のナローバンドUVBランプを48本も搭載という国内最強バージョンの全身照射型紫外線治療器です。
 
と言っても、講演スライドはこれから作成という状態で大ピーンチwobbly間に合うかなぁcoldsweats01
 
(院長)
 
 

2017年10月 1日 (日)

右腕の作図

 
私の右腕(下写真)を見た患者さんから、「これは何ですか」とよく尋ねられますcoldsweats01 
Img_1824
 
実は、色々なターゲット型紫外線治療器を用いて、使い勝手や副作用を自分自身の体でチェックしているのですhappy01
 
導入予定の機械は、こうやって比較検討する必要があります。皆さんも車を買うときなどは色々比較検討するでしょうwink
 
上写真は、VTRAC(ヴィトラック)新型エキシス308、X社のエキシマライトを使って計1000mJを7回に分けて1週間毎日照射した結果です。
 
どれがどれだかわかります?
 
写真の右端は、VTRACです。やはり紅斑反応(赤くなること)が強いですねcoldsweats01紅斑が強ければ、色素沈着(黒くなること)も強く出ます。
 
でも、効果は一番なんですどwink
 
驚いたのは、新型エキシス308(写真の中央)ですcoldsweats02
 
副作用が出にくいのが売りのX社のエキシマライト(左端)並みに紅斑が少ないcoldsweats02パワー(輝度)は、旧型の倍の100mJ/cm2もあるのに・・happy02
 
ちなみに、VTRACとR35GTR(車)の定価は同じくらいですねcoldsweats02ぼくは、GTRのほうが・・bleah
 
こんな検討をしながら、治療機器の新規導入を決めていますhappy01
 
(院長)
 
 

2017年9月30日 (土)

セタフィル(にきび肌用洗顔フォーム)販売再開

当院で非常に人気の高かったにきび肌用洗顔フォームセタフィルの販売を再開しますhappy02
Img_1757
 
ガルデルマ営業部門の日本からの撤退によって、国内販売が中止されてしまいましたcrying
 
しかし販売再開の要望が強く、八方手を尽くした結果、漸く入手することができましたhappy02
 
今までと異なるところは、海外製品のため全て英語で記載されています。また、お試しサイズ(これは日本だけ)が無くなったことです。
 
価格は、税込2800円(上写真サイズ)になります。
 
初めて使用される方は、職員が使用方法を説明いたします。
 
(院長)
 

2017年9月24日 (日)

10月の土曜日診療の応援医師

土曜日の午前診は、応援医師による2診体制で行っています。
 
10月の土曜日午前診の応援医師は以下の通りです。
 
10月   7日  応援医師なし
10月  14日 登谷医師(女性医師)
10月  21日 藤田医師
10月  28日   山下医師(女性医師)
   
10月7日は、医師1人のため混雑が予想されます。
 
(院長)
 

カテゴリ

カウンター

  • アクセスカウンター