2018年1月26日 (金)

週末は名古屋でレーザー治療の講演

週末は、名古屋でレーザー治療の講演をしてきます。今回は久々に師長とコラボです。
4
 
定員40名でしたが、50名以上の応募があり全員受講OKとなったようですwink
 
今回は、美容治療とは異なる一般皮膚診療で、レーザーをどのように活用しているのかを述べる予定です。
 
さらに、全身型紫外線照射器 ダブリン3シリーズの有用性も解説したい考えています。
  
それと、スキャナー付き炭酸ガスレーザー・コアVビームパーフェクタで薬事承認がとれました。
 
要するに保険が使えるようになったということです。
 
この2つの機械を中心に、美容ではない一般診療での有用性について、今年の総会(http://jda117.jp)でお伝えする予定です。
 
皮膚科日常診療でつかえるマニアックな使用方法をあれこれお伝えしますsmile
 
(院長)
 
*今年の総会のプロプロモーションビデオです。実は、広島は初めて行くので楽しみですhappy02
 
 

2018年1月25日 (木)

湯たんぽによる低温熱傷が急増!

今日もかなり降りましたねsnow氷点下のために道路は凍結してツルツルですshock
 
この写真は、クリニック周辺の遊歩道です。なかなか積もりましたね〜snow
Img_2368
  
今年の冬は、非常に寒い日が続いているためか、湯たんぽによる低温熱傷(やけど)の患者さん(下写真)が激増しています。
Img_2534_1
 
ここ2か月で9人も受診されました。
 
低温熱傷は、通常のやけどと異なり深部まで熱が加わるため、深達性2度から3度熱傷であることがほとんどです。
 
つまり重症ということですshock
 
見た目が軽そうなので、自力で一か月程度頑張って、さらに拗らせて来られる方多いですねcrying
 
治癒まで長時間かかり、瘢痕(やけどのあと)を残すこことがしばしばですshock
 
できるだけ瘢痕を残さず、早く治癒するように、早期であればフィブラストスプレー(線維芽細胞増殖因子)を使うこともあります。
Unknown_2
 
この薬は、本当に熱傷が綺麗に治りますhappy02早期であればですけどね・・。
 
ですから、自力で治そうとせず、医療機関に早く受診しましよう。
 
また、湯たんぽは布団を温めるものであり、就寝時は布団から取り出すようにしましょう。
 
(院長)
 
 
 

2018年1月21日 (日)

今年最初のにきび治療の講演

本日、ウェスティンホテル東京で開催されたエピデュオゲル発売1周年記念シンポジムで講演をしてきました。

出席者が400人coldsweats02もおられ、久しぶりに大規模な会場での講演でちょっと緊張しましたcoldsweats01
Img_2385

私の講演は、越前海岸の景色や水中映像が所々に挿入されています。聴衆が飽きないためのものなのですが、若干趣味も入っていますsmile
Img_2389
 
今回の講演は、短い時間に言いたいことを全て詰め込んだのでどれだけの方が理解できたか少し不安ですねcoldsweats01
 
もう少し時間に余裕あれば、もっとゆっくりと解説できたのですが・・。
 
今年最初の講演は、なんとか無事終了できましたhappy01
 
来週は名古屋でレーザー治療の講演があります。
 
まだスライドができていないので、これから急ピッチでつくらないといけませんcoldsweats01
 
間に合うかなぁ〜shock
 
(院長)
 
 
 

2018年1月 4日 (木)

エピデュオゲル発売1周年記念シンポジウム

昨年は、ほぼ毎月講演でしたが、今年も積極的に講演や学会発表をしていこうと思っていますhappy02
 
初っ端は、にきびの講演です。
 
1月21日に、エピデュオゲル発売1周年記念 Acne Treatment Symposiumが東京で開催されます。
 
私は、そこでエピデュオゲルについて講演します。
L_epiduo_tbf15_2
 
Photo
 
エピデュオゲルは、非常によく効く薬剤ですが、かなり皮膚刺激症状がありますwobbly
 
この副作用を上手くマネージメントして、効果的に使用する方法を論じますgood
 
それともう一つ、ベピオゲル長期低用量療法(仮)shineについても少しお話しょうかと考えてます。
L_bepio25_tbf15_1
 
超お肌敏感な方のにきびに、ベピオゲルをほんの少し顔全体に外用し続けるとどんな風になるのか?
 
その適応と具体的な方法について述べます。
 
これ凄く良い方法なので、どこかで詳しく報告したいと思っていますhappy02
 
(院長)
 
 
 

2018年1月 1日 (月)

謹賀新年

fuji新年、明けましておめでとうございます。
旧年中はたいへんお世話になりました。
本年も引き続きよろしくお願いいたします。
 
1318seasonillustration
新年診療開始は1月5日(金)からです。
 
今月の土曜日午前診の応援医師が決定しましたので掲示します。
 
1月  6日 登谷医師(女医)
1月 13日   藤田医師
1月 20日 山下医師(女医)
1月 27日 八木医師
 
(院長)
 
 

2017年12月29日 (金)

仕事納め

本日12/28(木曜日)で、今年の診療を終了しました(すでに29日になってしまっていますが・・coldsweats01
 
例年通り、診察終了後にクリニックの大掃除がはじまりました。
 
本日は、診察終了が例年より遅くなったため、23時を過ぎてようやく掃除が終わりましたwobbly
 
職員のみなさん、ご苦労様でした。
 
年末年始の休診日は、12月29日(金)〜1月4日(木)です。
 
今年は、とにかく出張の多い年でした。依頼された講演は全て断らずにいたら、なんと14回も全国で講演をしていました。
 
よくやりましたねcoldsweats01
 
さらに今年は、新規医療機器を次々に導入して医療レベルの向上に努めました。
 
そのためか、来院患者数は全ての月で過去最高の年になりました。ありがとうございましたhappy02
 
ただもう、ヘトヘトですけどねcoldsweats01でも、医療レベルに妥協はしませんhappy02
 
より充実した高度な診療をめざして、来年もさらにがんばりたいと思いますgood
 
今年一年ありがとうございました。来年も何卒よろしくお願いいたします。良いお年をお迎えください。
 
Photo
  
(院長)
 
 

2017年12月20日 (水)

しもやけ(凍瘡)急増中!

寒い日々が続いていますねsnow
 
当院のノラcatくんは、一日中こたつに入り浸っています(下写真)smile気持ち良さそう〜happy02
Img_2150
  
ところでクリニックでは、寒さに関連した疾患が増えてきました。特にしもやけ(凍瘡:とうそう)は、急増していますcoldsweats02
 
昨日は、10人以上のしもやけの患者さんが来られました。
 
写真のように皮膚が赤く腫れ上がり、痒みを伴います。
001_2
 
しもやけには、有効な飲み薬と塗り薬がありますので、症状がひどい方は受診してください。
 
また、ひどいしもやけの場合は、膠原病の可能性があり注意が必要ですcoldsweats02
 
しもやけは予防が最も大切です。なり易い方は、外出するときに防寒具でしっかりと冷気を避けるようにしましょうwink
  
しもやけの過去のブログ:http://clinic-n.mitelog.jp/blog/cat8666555/
  
(院長)
  
 
flair年末年始の休診日は、12月29日(金)〜1月4日(金)です。
 

2017年12月14日 (木)

いつもの忙しい休診日

昨日は休診日でしたが、いつもように私は休みではありませんでしたcrying 
 
午前中は各社業者さんとの面談があり、午後からはセルジーン社のオテズラ乾癬の新薬)に関する動画撮影がありました。
Img_2131
 
これは、セルジーン社のMRさん向けの教育ビデオの撮影です。後ろで師長が覗いていますねsmile
 
師長も看護サイドの観点から、治療に関する意見を述べました。
Img_2132
 
オテズラは、有効性と安全性が両立した優れた乾癬治療薬です。今後は、日本の乾癬治療の中心的な薬剤になっていくに違いありませんgood
  
オテズラに関する過去のブログ:http://clinic-n.mitelog.jp/blog/2017/08/post-93bc.html
  
 
撮影終了後は、セルジーン社の社内勉強会の講師として、当院のオテズラによる乾癬治療を解説しました。
Img_2124
  
これで、やっとしばらく休めるかなぁ・・、なんてことはありませんcrying
 
もうすでに、1月には2つの講演が入っています。
 
1つ目は、エピデュオ発売1周年記念シンポジウムです。
   
とにかくエピデュオ(にきび治療の新薬)は凄い!ということをお話しようかと思っていますhappy02何が凄いかって?それは講演でのおたのしみsmile
 
Photo
 
 
2つ目は、シネロン・キャンデラ社主催のレーザーセミナーでの講演です。
 
今回同様に師長とコラボです。当院のレーザー治療から紫外線療法まで幅広くお話します。
 
Screensnapz005

 

年末年始休暇は、これら講演のスライド作りで終わりそうですねcrying

 
(院長)
 
 
flair年末年始の休診日は、12月29日(金)〜1月4日(金)です。
 

2017年12月11日 (月)

巨大化膿性肉芽腫への結紮冷凍療法

化膿性肉芽腫とは毛細血管拡張性肉芽腫のことです。
 
かなり久々にこの話題に触れたいと思います。
 
陥入爪という巻き爪と似た疾患があり、これには化膿性肉芽腫(⬆︎)がしばしば伴います。原因は、ほとんどが爪の切りすぎですwobbly
Pg001
   
巻き爪と陥入爪の違い(過去のブログ):http://clinic-n.mitelog.jp/blog/2014/12/post-db79.html
 
 
 最近、こんな巨大なのに出会いましたcoldsweats02 なかなか凄いでしょ。さぁ、どうやって治しましょうかcoldsweats01
Img_1290_1
 
当院では、化膿性肉芽腫(毛細血管拡張性肉芽腫)には、もちろん結紮術(腫瘍茎を糸で結ぶ方法)ですhappy02[1, 2]
  
結紮術の過去のブログ:http://clinic-n.mitelog.jp/blog/cat7779461/
  
 
この症例は、この結紮術の改良型である結紮冷凍療法shineで治療しました。この方法はすでに学会発表済みです[3]
 
下写真のように、結紮術後すぐに冷凍療法(スプレーで液体窒素を吹けつける方法)を行いました。カチンコチンに冷凍され、1週間後にはポロっと取れましたgood
Pg
 
爪幅は、部分抜爪してあるだけですから、いずれ元に戻ります。
  
 
過去にも同様の症例(下写真)を経験しています。これは、10年以上前の症例ですね。
Photo
 
この頃は結紮術のみでしたので、これぐらい巨大だと何度も結紮し直さなればなりませんでしたcrying
 
結紮術の成功率を上げ、治療回数を半減することができるのが結紮冷凍療法ですhappy01
 
 
(参考文献)
 
① Nishimura Y :J Dermatol. 2004 ; 31(8) : 699-700.
② 西村陽一:皮膚の科学 2008 ; 5(6): 440-444.
③ 西村陽一:第443回 日本皮膚科学会京滋支部学術大会
 
(院長)
  
 
flair年末年始の休診日は、12月29日(金)〜1月4日(金)です。
 

2017年12月 6日 (水)

大阪赤十字病院へ出張

今日はクリニックの休診日でしたが、大阪赤十字病院hospitalへ出張して来ました。
 
福井は冷たい雨でしたが、大阪は雲一つ無い快晴でしたhappy02
Img_2095
 
私は、皮膚悪性腫瘍(皮膚がん)治療の勉強のために大阪赤十字病院hospitalで非常勤医師として働いています。
 
ここ大阪赤十字病院hospitalは、京大関連病院の中でも最も皮膚悪性腫瘍の手術件数が多いところです。
 
本日は、下眼瞼部の皮膚悪性腫瘍(皮膚がん)の切除と皮弁形成術(メーラー皮弁)をしてきました。
 
その後、皮膚科全員で医局写真を撮りました。大阪赤十字病院hospital皮膚科は、大所帯ですねwink
Img_2099
 
写真撮影後、部長に鯨(くじら)料理徳屋:http://www.tokuya.jp)に連れて行ってもらいました。
 
鯨は、子供の頃に給食で食べたくらいです。あまり美味しかった記憶はありませんでした。
 
しかし食べてみて、あまりの美味しさに全員がびっくりしましたcoldsweats02
 
私より若い世代は、もう食べたことがないようですね。どこにも美味しいと書いてない(むしろ逆のことが書いてある)ので興味も持たないでしょう。
 
私もそうでした。半世紀も騙されていたなぁ〜coldsweats01
 
お腹いっぱいになって、いつものように帰りのサンダーバードbullettrainでは爆睡sleepyでした。
 
(院長)
 

カテゴリ

カウンター

  • アクセスカウンター