2017年2月20日 (月)

Laser Room (レーザー室)

新しい紫外線治療器(ダブリン3)の導入により、レーザーの大部分を1つの部屋に集めました。置く場所がないので・・crying
Img_0643
 
この部屋は、自費診療の部屋だったんですが、ここで保険診療のレーザー治療も行うことにしました。 
 
これで、処置室とレーザー室の2箇所で保険診療のレーザー治療ができるようになりました。かなり効率がよくなりそうですねhappy02good
 
午前中の受診の方なら、皮膚良性腫瘍(できもの)などのレーザー治療はできるだけ直ぐに行います。
 
午後受診の方は、かなり混みますので後日予約になる可能性が高いですねcoldsweats01
 
あざの治療は、土曜日午後に予約制で行っています。
   
(院長)
 
*単に美容目的のほくろ除去やシミの治療は、現在行っておりません。紹介になります。
 
*3月10日よりWeb受付を開始する予定です。スマホなどでオンライン受付ができるようになります。詳細は近日ブログ及びホームページにアップします。
 

2017年2月18日 (土)

しもやけ急増

今年は、しもやけ患者さんがやけに多いですねcoldsweats01年末から多かったのですが、ここ最近特に増えていますshock
Img_9405_1
 
しもやけは、医学用語で凍瘡(とうそう)といいます。血行障害とそれに伴う炎症で起こりますが、遺伝的になり易い人がいます。
 
気温が5℃前後で、かつ1日の気温差が10℃以上のときに起こり易く、本日のように昼間が暖かく、夜が冷え込むときが危ないですねshock
 
一度なると冬中続きます。塗り薬でかなり良くなりますよgood一部重症の方は、飲み薬を追加することもあります。
 
しもやけで悩んでいる方は、ぜひ受診してください。
 
  
(院長)
 
 

2017年2月 6日 (月)

ダブリン3シリーズの威力

以前ブログでお伝えした通り、タワー型のナローバンドUVB照射器であるダブリン3シリーズ(下写真)を導入しました。
 
もうね、次元が違いますcoldsweats02 凄まじい威力ですhappy02
Img_0542
 
何にしろ、TL-01型ナローバンドUVB電球flairが48本ですからね。
 
1000mJの全身照射を1分半以内に終了してしまいますcoldsweats02今まで使っていたダブリン7シリーズでも8〜9分はかかりましたから。
 
同じ照射量で当てていても、明らかに効果が違いますねwink
 
照射患者さんが増えてきたので、処置室の一角を改造して紫外線照射室にしました。エキシマライトも勢ぞろいですhappy02
Img_0623
 
これで、難治性皮膚疾患をバンバン治すぞ〜happy02
 
全身に皮疹がある難治性の乾癬白斑の患者さんは、ぜひ受診してくださいね。重症アトピーや慢性痒疹の患者さんにも良く効きますgood
 
(院長)
 

2017年2月 1日 (水)

遠隔診療

水曜日は当院の休診日ですが、休みというわけではありませんcoldsweats01 
 
講演大阪赤十字病院hospitalへの出張以外では、レーザーや手術などを行っています。
 
本日も午前中は、それらの予定でぎっしりですcoldsweats02いつものことなんですが・・coldsweats01
001
 
午後からは、業者さんとの面談をしました。
 
その中に、遠隔診療メーカーとの面談もありました。近く、遠隔診療を導入する予定です。
  
要するに、自宅のパソコンスマホmobilephoneで診察を受けて、お薬(あるいは処方箋)を郵送してもらうシステムです。
 
病状が安定していて受診が難しい方は、このシステムで自宅にいながらスマホmobilephoneで診察を受けることができます。ただし、初診はダメですよ。
 
本格導入は4月頃かなぁ。ついでに、ネットでの診療受付も近日開始します。
 
またブログで報告しますねwink
 
(院長)
 

2017年1月29日 (日)

年賀会

今日は、福井県選出の衆議院議員、現防衛大臣の稲田朋美先生の年賀会に行ってきましたhappy02 師長も私も大ファンですからheart04
Img_0606
 
先生が国会議員になって今年で11年目だそうです。
 
毎年参加(以前の年賀会のブログ)しているんですが、年々参加者が増えています。すごい人数で前に行けませんcrying
Img_0610
 
1500人以上の参加者だったそうです。そりゃ、今年は防衛大臣になっての年賀会ですからねwink
 
最後は、全員に笑顔で握手されていました。こりゃ大変だわcoldsweats01
 
次は、官房長官かなぁ? その次は内閣総理大臣ですよね。女性初のwink
 
福井県のため、日本の防衛のために頑張ってください。
 
(院長)
 
 

2017年1月28日 (土)

2月の土曜日の応援医師

土曜日の午前診は、応援医師による2診体制で行っています。
 
2月の土曜日午前診の応援医師が決定しましたので掲示します。
 
2月 4日 登谷医師(女性医師)
2月11日 休診(建国記念日)
2月18日 藤田医師
2月25日 八木医師
 
(院長)
 

2017年1月25日 (水)

最強のにきび治療薬「エピデュオ」

今日は、久しぶりに雪snowが少し積もりました。これでも例年に比べると暖冬ですcoldsweats01
Img_0588
 
ところで、昨年11月に、尋常性ざ瘡(にきび)の新しい薬剤が発売されました。薬剤名はエピデュオと言います。
L_epiduo_tbf15
 
現在販売されているにきび治療薬の中では、最強の薬剤です。しかし、副作用もそれなりにあり使用方法はかなり難しいcoldsweats01
 
エピデュオについては、3月(横浜)と4月(東京)に講演を依頼されています。具体的な使用方法は、そこで述べる予定です。
 
その内容を少しだけ明かすと、以前に述べた方法急性炎症期その2」エピデュオに変更すると凄くいい感じですgood
 
すでに、ュアックあるいはディフェリンに慣らされているため副作用がほとんどでませんねhappy02
 
いずれこのブログでも、具体的に使用方法を述べる予定でいますwink
 
にきび治療は、外用薬においては、ようやく世界標準に達してきましたねwink
 
(院長)
 
*この記事は、1/23(月)のものです。誤って削除してしまい再掲しました。
 
 
 

2017年1月20日 (金)

切らない感染性粉瘤(ふんりゅう)治療

感染性粉瘤というのは、下写真のように粉瘤(腫)が赤く腫れた状態です。
 
ほとんどのケースでは切開排膿(切って膿をだす)をされますshockそれもいいんですが・・coldsweats01
Img_1951_2
 
粉瘤とは、内部に角質と皮脂を混じた物質(要するに垢のこと)を入れた嚢腫(袋状の腫瘍)です。
 
感染性粉瘤と言いますが、実は細菌感染とは関係がないと考えられています。よって、抗生物質の単独投与では効果がありません。
 
嚢腫が破れて起こった炎症が、感染の様に見えているだけのようです。
  
ですから、抗炎症剤の嚢腫内注入(要するに注射)で、ほとんどのケースが1週間以内に赤みも腫れも消失してしまいますhappy02good
 
粉瘤が腫れて痛いが、切りたくない方は是非ご相談くださいwink
 
(院長)
 
*あまりに腫れていたり、細菌感染がすでに起こっている方は、切開排膿が必要になることがあります。
 
 
 

2017年1月19日 (木)

大阪赤十字病院出勤

昨日は、大阪赤十字病院hospitalに出勤でした。クリニックの休診日である水曜日に、不定期で出勤しています。
Img_0550_1
 
ここは、京大関連病院の中でも断トツに皮膚悪性腫瘍(皮膚ガン)の治療件数が多く、勉強のために非常勤医師として働いてます。
 
開業すると、まず悪性腫瘍などは勉強しなくなりますからねcoldsweats02悪性腫瘍指導専門医としてのレベルを維持するためには、多少の努力が必要なんですwink
 
診療終了後に、毎年恒例の集合写真をとりました。それにしても、大阪赤十字病院hospitalは大所帯ですね〜happy02
Img_0571
 
帰りの電車は、いつも通りの爆睡でしたsmile
 
(院長)
 
 

2017年1月12日 (木)

最強の紫外線治療器を導入!

本日は、当院に全身照射型ナローバンドUVB紫外線治療器 ダブリン3が搬入されましたhappy01で、でかいcoldsweats02
Img_0522
 
TL-01ナローバンドUVB電球が48本も入っており、まさに照度は最強です。いままで使っていた機械(7シリーズ)の3倍ですsign03
Img_0542
  
これで、紫外線治療器は5台目です。設備では、大学病院並みですねsmile
  
紫外線療法というと、一般の方にはあまり馴染みがないかと思いますが、皮膚科医にとっては必須の治療法ですgood
 
紫外線の中でも波長が311±11nmにピークを持つものをナローバンドUVBと言い、多くの難治性皮膚疾患に効果があります。
 
乾癬アトピーの皮疹が改善し、白斑の色素が戻り、果ては円形脱毛症皮膚悪性リンパ腫にも効果があります。不思議な光shineです。
 
この治療法が日本に導入されたのは2000年以降ですが、私自身は2004年頃にはすでにこの治療を病院で行っていました。
 
さらに、エキシマライトナローバンドUVBの一種)療法も北陸では最も早くから導入し、ナローバンドUVB療法にはひとかたならぬこだわりがあります。
 
そして、次の目標はエキシマレーザー(X-TRAC)ですねwink早く保険適応になってもらいたいですね。
 
今年は、エキシマライト療法について第116回 日本皮膚科学会総会で講演をする予定です。
 
私の講演の前に、カルフォルニア大学のジョン・クー教授のエキシマレーザーの講演があります。今から楽しみですwink
 
とにかく、このダブリン3の導入によって、明日からの診療がさらにパワーアップすることは確実ですhappy02
 
(院長)
 
 
 

カテゴリ

カウンター

  • アクセスカウンター