« 2017年9月 | メイン

2017年10月

2017年10月23日 (月)

当選おめでとうございます。

昨日は台風typhoonによる暴風雨の吹き荒れる中、稲田朋美先生の選挙事務所に行ってきましたhappy02
 
心配しましたが、前回を上回る得票数で当選されました。おめでとうございます。
22687561_1519618048117534_168029331
 
福井の人はさすがです。ブレてない。
 
後ろのマスコミの方から、「万歳すると良い写真が撮れないからしないでね」と言われましたが思いっきりしましたwinkバンザーイbleah
 
福井県、日本のために頑張ってください。
 
(院長)
 

2017年10月19日 (木)

稲田朋美講演会

今日は、稲田朋美先生の講演会に行ってきました。
 
素晴らしい演説でしたheart04周りのおじちゃん、おばちゃん達の目がうるうるしていました。
Img_1973
 
色々な経験を経て、さらに強い政治家になられたようです。稲田朋美の復活を予感します。
 
そのためにも、今回の選挙は非常に大切です。 
 
誰がこの福井県を、そして日本を守ってくれるのか、真剣に考えて投票してほしい。
  
とにかくみなさん!投票に行きましょうねgood
 
(院長)
 
*ちなみに、比例区も自民党でねwink(師長)
 

2017年10月15日 (日)

御茶ノ水で光線療法の講演

今日は、御茶ノ水のソラシティ皮膚科光線療法推進の会が主宰する「光の応用セミナー」で講演をしてきましたhappy01
 
この会は、紫外線療法に特化した会員制のセミナーです。参加者は、日常診療で紫外線療法をよく行っている医師達です。
 
私の講演の題は、「難治性皮膚疾患を光線療法で治します。白斑への次の一手は」というものです。当院の尋常性白斑に対する紫外線療法を披露しました。
Img_1967
 
最初のスライドは、昨日のニキビ治療の講演と同じく越前海岸の写真からスタートです。
 
Img_1970
 
今回の講演では新たに、エキシマライトナローバンドUVBの同時照射の有効性などを述べました。
 
演者は全員、紫外線療法の専門家ばかりです。私も参加して大変勉強になりましたhappy02
 
個人的に興味深かったのは、1mmミニグラフトが保険請求できるということ、手指部白斑の植皮術の有用性、Afamelanotideの米国での臨床試験の話などです。
 
特に、Afamelanotideは以前に当ブログでも紹介したことがあり、早く日本でも使えるようになってほしい薬剤です。
 
 
現在、Afamelanotideの外用薬が開発中だそうです。大変楽しみhappy02
 
昨日は南大阪で今日は御茶ノ水と、目まぐるしい2日間でしたが、講演もうまくいって非常に楽しかったですhappy02
 
休みが全くありませんが、気合を入れて明日からの診療頑張りますgood
 
(院長)
 
 

2017年10月14日 (土)

南大阪でにきび治療の講演

本日は、外来終了後にサンダーバードbullettrainに飛び乗って大阪へ出張でしたhappy01
 
南大阪DERMA懇話会での特別講演のためです。
Photo_3
  
この会に出席するのは初めてなんですが、アトピー性皮膚炎治療で有名な片岡葉子先生や、皮膚外科で御高名な中川浩一先生が座長をされるというなかなか凄い会ですcoldsweats02
 
写真は、講演後に片岡先生から質問を受けているところです。
Img_1962
 
皆さん真剣に聴いて下さり、質問も活発にしていだきました。大変嬉しかったですhappy02
 
質問時間に、何も質問がないことほど寂しことはありませんからね。
 
この会が終了後に、すぐに新幹線に乗って東京へbullettrain向かいました。明日は、東京で尋常性白斑治療の講演をしてきます。
 
このブログは、東京へ向かう新幹線の中で書いていますwink
 
(院長)
 

2017年10月10日 (火)

ざ瘡瘢痕(ニキビ痕)対策にエピデュオ

最近のニキビ治療の話題は、エピデュオによるざ瘡瘢痕形成リスクの減少です。
Photo
 
要するにエピデュオは、ざ瘡瘢痕というニキビ痕(あと)を予防できるという話題ですhappy02
 
ざ瘡瘢痕とは、治療困難なニキビ痕(下写真)のことです。大きさで2つに分類することができます。
001_2
 
ざ瘡瘢痕を治す確実な方法はありません。なってしまったらほぼ治せないと考えた方が良いでしょうcrying
 
ですから、予防が非常に大切なんです
 
その予防効果において、唯一エビデンスがあるのがエピデュオです[1] 
 
まだ赤いニキビ痕PIE(post-inflammatory erythema)の段階であれば、エピデュオを使えばかなりの確率でニキビ痕を改善できます。
 
 
ニキビは、3ヶ月放置するとその8.2%治せないニキビ痕になるという報告があります[2] 
 
ニキビは、放置せずにできるだけ早期に医療機関を受診しましょうwink
 
(参考文献)
1)Dreno B, et al. JEADV. 31(4),737(2017)
2)Do TT et al:JAAD,58,603-608 (2008)
 
(院長)
 
 
*ざ瘡瘢痕予防効果としては、デュアックとディフェリンの併用療法(下写真)を過去に紹介しています。しかし、エピデュオの方がPIE治療に関しては効果が上です。有効成分はほぼ同じなのに不思議です。
 
Photo
 
*来年1月にエピデュオ発売1周年記念講演会があり登壇する予定です。エピデュオの効果的な使用方法やざ瘡瘢痕形成抑制について詳しく述べる予定です。
 

2017年10月 9日 (月)

京都で講演

先週末は、日本皮膚科学会中部支部学術大会で講演のために京都に出張でしたhappy01
 
宿泊したホテルから二条城がよく見えました。この近くに駿台予備校があり、よく通ったところで懐かしかったですhappy01
Img_1862
 
学会は、宝ヶ池の国立京都国際会議場で行われました。
Img_1865
 
私の講演は、日曜日12時20分からのランチョンセミナーです。
 
座席がほとんど埋まっていてホッとしましたhappy01ガラガラでの講演は辛いですからねcoldsweats01
 
私の講演は、いつも越前海岸の写真からスタートしますwink
Img_1883
 
Img_1882
 
スライドの最初の写真は、いつもダイビングをしている越前海岸壁石浜(かぶしはま)です。 
Img_5567
 
海の中はこんな感じですhappy02
 
講演の内容は、高輝度ターゲット型エキシマライトVTRACエキシス308を使用した難治性皮膚疾患治療についてです。
 
他社の機械では、絶対真似ができない使用方法を披露しましたgood
 
来週は、東京で別の紫外線治療器ダブリン3シリーズを使用した白斑治療の講演をします。
 
ダブリン3シリーズは、TL-01型のナローバンドUVBランプを48本も搭載という国内最強バージョンの全身照射型紫外線治療器です。
 
と言っても、講演スライドはこれから作成という状態で大ピーンチwobbly間に合うかなぁcoldsweats01
 
(院長)
 
 

2017年10月 1日 (日)

右腕の作図

 
私の右腕(下写真)を見た患者さんから、「これは何ですか」とよく尋ねられますcoldsweats01 
Img_1824
 
実は、色々なターゲット型紫外線治療器を用いて、使い勝手や副作用を自分自身の体でチェックしているのですhappy01
 
導入予定の機械は、こうやって比較検討する必要があります。皆さんも車を買うときなどは色々比較検討するでしょうwink
 
上写真は、VTRAC(ヴィトラック)新型エキシス308、X社のエキシマライトを使って計1000mJを7回に分けて1週間毎日照射した結果です。
 
どれがどれだかわかります?
 
写真の右端は、VTRACです。やはり紅斑反応(赤くなること)が強いですねcoldsweats01紅斑が強ければ、色素沈着(黒くなること)も強く出ます。
 
でも、効果は一番なんですどwink
 
驚いたのは、新型エキシス308(写真の中央)ですcoldsweats02
 
副作用が出にくいのが売りのX社のエキシマライト(左端)並みに紅斑が少ないcoldsweats02パワー(輝度)は、旧型の倍の100mJ/cm2もあるのに・・happy02
 
ちなみに、VTRACとR35GTR(車)の定価は同じくらいですねcoldsweats02ぼくは、GTRのほうが・・bleah
 
こんな検討をしながら、治療機器の新規導入を決めていますhappy01
 
(院長)
 
 

カテゴリ

カウンター

  • アクセスカウンター